顔認証ソリューションのHerta社、タイ・プーケットの「セーフシティー・プロジェクト」を受注

バルセロナのハータ(Herta)は、タイの都市プーケットに自社の顔認証ソリューションを導入すると発表した。

プーケットのセーフシティー・プロジェクト(Safe City project)は、ポイントIT(Point IT)との共同で行われており、ハータはコマンドセンター、スマートカード・システム、高速ネットワークリンク、自動ナンバープレート認証なども必要とする同プロジェクトに顔認証ソリューションを提供する。

このプロジェクトの重点は、これら革新的な実装で街を守り、住民にとってより安全な街にすることだという。

検問所では、警官が携帯電話を使って、街に入ってくる車の全乗員を写真に撮影。そして写真/ビデオのストリーミングが、無線アクセスポイント経由でハータのバイオサベイランス・ネクスト(BioSurveillance NEXT)システムのネットワークに送信される。

ブラックリストに載った対象者が検知されるたびに、システムから警備員の携帯電話にアラームが送られる仕組みだ。

ハータ(Herta)は、顔認識ソリューションを開発する企業。同社はスペイン・バルセロナに本社を置き、マドリードのオフィスに加え、ロンドン、ロサンゼルスにオフィスを構えている。

ビデオ監視、アクセスコントロール、マーケティングに必要な製品向けに迅速、正確、堅ろう、かつエンドカスタマー志向のソリューションを提供。50カ国にパートナーと世界で150の認定インテグレーターを擁している。

【関連リンク】
ハータ(Herta)

Previous

「ロボネコヤマト」でピザーラお届け

IoT人気記事ランキング|GEイメルト会長退任から、IoTは儲かるのか?という疑問を考える、アマゾン、エッジデバイス向けに6つのIoTサービス群を発表など[12/11-12/17]

Next