ジーデバイス、米粒より小さい振動センサ「CMN200」

サイズわずか、2.0x2.0x1.5(MAX)mmの無指向性センサーが、「静止時の電池節電効果」や「ヒトやモノの見守りや動きの管理」などを感知する。

11月16日(月)よりジーデバイスが、チップタイプの無指向性振動センサ「CMN200」の試作サンプル出荷を開始することとなった。

無指向性振動センサ「CMN200」は、車載用スマートキー、ウェアラブル機器、MtoM、IoT、介護福祉などで活用できそうとのこと。

 

【関連リンク】
ジーデバイス(G-DEVICE)

Previous

ソニー(SONY)から、360度旋回する、光学30倍ズームのリモートカメラが登場

JAREXとドローン検定協会、ドローンを用いた測量技術者の育成と認定へ

Next