パーク24、カーシェアにV-Lowマルチメディア放送を活用した情報配信を開始

パーク24株式会社は、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」において、V-Lowマルチメディア放送(以下、「V-Low」)を通じたリアルタイム情報配信を開始する。2018年6月より、東京都内のタイムズ駐車場の満車・空車情報の配信を開始し、順次エリアを拡大していく。

V-Lowとは、地上アナログ放送終了後に空いた周波数帯を使用し、放送波を使って携帯端末やクルマに向けてデータや音声を送るものだ。一定のコストで多数の移動体(車両等)に大容量のデータを送ることができる、送信先ごとに配信情報を変えられる、災害時にも安定的な情報配信が可能であるといった特徴がある。

モビリティ市場においては、自動運転など高度な運転支援システムの基盤となるコネクティッドカーの社会実装が求められるようになっている。

上記特徴を持つV-Lowはコネクティッドカーへの活用が可能であることから、モビリティのIoTプラットフォームの構築を目指すパーク24はV-Low事業全体を推進する株式会社ジャパンマルチメディア放送に出資している。

加えて、パーク24がV-Lowの放送局(コンテンツプロバイダー)となり、“タイムズ・チャネル”として駐車場の満車・空車情報や映像、カーシェアリング車両の車載器アプリのアップデートデータなどを配信するとともに、これらを受信するためのチューナーの開発および配信・受信の実証実験を行うなど、V-Lowの本格活用に向けた取組みを重ねてきたという。

2017年8月から、タイムズカープラスの車両への情報配信を試験的に行っていたが、実サービスに向けての検証・調整が完了したことから、2018年6月より本格展開を開始する。

1都3県に配備しているカーシェアリング車両3,000台にオリジナルチューナーを搭載、東京都内のタイムズ駐車場の満車・空車情報をリアルタイムで受信し、カーナビに表示。タイムズカープラスの利用者からは、駐車場のリアルタイム情報を求める声が多くあり、同社は今回のサービス開始により、これまで以上にタイムズカープラスを快適に利用できるとしている。

【関連リンク】
パーク24(Park24)
ジャパンマルチメディア(Japan Multimedia Broadcasting)

Previous

ボッシュ・ジャパン、イノベーションフレームワーク「FUJI」 でIoT・AI領域へ積極参入

KDDI、JAL国際線ラウンジにてスマートグラスを用いた映像視聴サービスの実証実験を実施

Next