スマートシティ

スマートシティー

スマートシティとは

スマートシティー(Smart City)とは、IoTやAIを活用して街全体を効率化したり、生活しやすくしたりするものだ。

エネルギーの効率化や、交通網の効率化、都市の利便性向上など、海外からの訪問者や、国内の生活者、みんなの生活を便利に豊かにしていく。

昨今、MaaS(Mobility as a Service)やシェアリングエコノミーの話題が多く、新しい技術を取り込むことが街のスマート化だと考える節もあるが、決してデジタル技術だけで街をスマートにすることはできない。

例えば、過疎地に自動運転のクルマを走らせても、過疎の問題は解決せず、人口がそれなりに密集しなければ、公共サービスもままならなくなる。

そこで、ある程度の単位で街に人を集め、農地や工場など仕事がある場所に通うのに、エネルギーを極小化するためにシェアリングサービスやMaaSを利用するといった、根本的な考え方も重要だ。

技術面からだけのアプローチでなく、サステナビリティへの配慮を十分することが必要になる。

基本と事例

スマートシティの基本と事例を紹介します。

解説動画

ほぼ毎日更新!知っておくと役に立つ基礎知識や記事の深堀解説を動画で。Youtubeのチャンネル登録はこちらから。

記事一覧

富士通、災害対応や業務継続を支援する新たなSaaS型サービス「デジタルレジリエンスサービス」を販売開始

富士通、災害対応や業務継続を支援する新たなSaaS型サービス「デジタルレジリエンスサービス」を販売開始

近年、自然災害の激甚化、広域化に伴い、災害発生時における避難判断や従業員の適切な安全確保が困難となるほか、交通インフラの麻痺によるサプライチェーンの停滞や寸断、さらには被害現場の状況把握が困難となるなどの課題が顕在化し、 … Read more

NTT東日本と小田急グループ、多言語対応ロボットによる観光案内・施設案内サービスを提供開始

NTT東日本と小田急グループ、多言語対応ロボットによる観光案内・施設案内サービスを提供開始

小田急箱根ホールディングス株式会社と株式会社小田急トラベル、東日本電信電話株式会社神奈川事業部(以下、NTT東日本)は、2019年3月から5月に「多言語対応ロボットを活用した観光案内・施設案内における実証実験」を連携して … Read more

富士通、洪水時の河川水位を予測する「AI水管理予測システム」を販売開始

富士通、洪水時の河川水位を予測する「AI水管理予測システム」を販売開始

近年、ゲリラ豪雨や台風などにより河川が氾濫するなど深刻な被害が多発している。特に自治体の管理する中小河川においては、集中豪雨の影響で水位が急激に上昇し短時間で被害が拡大する災害が発生しており、水害対策が急務となっている。 … Read more

三井不動産とセンスウェイ、センサーを活用したスマートオフィスの実証実験を柏の葉スマートシティにて開始

三井不動産とセンスウェイ、センサーを活用したスマートオフィスの実証実験を柏の葉スマートシティにて開始

三井不動産株式会社とセンスウェイ株式会社は、千葉県の柏の葉スマートシティでIoTの普及・活用を目指す「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」においてスマートオフィス・ワーキンググループを設立し、その第一弾の取り組みを開始した。 … Read more

オートバックスセブン、IoTプッシュボタンを活用したタクシー配車の実証実験を実施

オートバックスセブン、IoTプッシュボタンを活用したタクシー配車の実証実験を実施

現在、人口減少や人手不足の問題から、公営バスやタクシーなど、従来型の移動サービスを維持することが難しい地域も出てきている。このような地域に住む高齢者の中には、自家用車や携帯電話を所有しておらず、買い物や外出の際の移動に対 … Read more