スマートシティ

スマートシティー

スマートシティとは

スマートシティー(Smart City)とは、IoTやAIを活用して街全体を効率化したり、生活しやすくしたりするものだ。

エネルギーの効率化や、交通網の効率化、都市の利便性向上など、海外からの訪問者や、国内の生活者、みんなの生活を便利に豊かにしていく。

昨今、MaaS(Mobility as a Service)やシェアリングエコノミーの話題が多く、新しい技術を取り込むことが街のスマート化だと考える節もあるが、決してデジタル技術だけで街をスマートにすることはできない。

例えば、過疎地に自動運転のクルマを走らせても、過疎の問題は解決せず、人口がそれなりに密集しなければ、公共サービスもままならなくなる。

そこで、ある程度の単位で街に人を集め、農地や工場など仕事がある場所に通うのに、エネルギーを極小化するためにシェアリングサービスやMaaSを利用するといった、根本的な考え方も重要だ。

技術面からだけのアプローチでなく、サステナビリティへの配慮を十分することが必要になる。

基本と事例

スマートシティの基本と事例を紹介します。

記事一覧

ブルーイノベーション・ノキアなど、Jアラートと連動してドローンが自動運航し津波避難広報を行うシステムを仙台市で開始

ブルーイノベーション・ノキアなど、Jアラートと連動してドローンが自動運航し津波避難広報を行うシステムを仙台市で開始

過去に例のない東日本大震災に係る復興の経験と教訓を世界へ発信すべく、宮城県仙台市は「仙台防災枠組2015-2030」に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の策定をし、市民社会の視点から減災に取り組んでいる。 … Read more

北海道電力NW・ホクレン・ゼロスペック、スマートメーター通信を活用した「灯油タンク残量監視センサ」の実証試験を開始

北海道電力NW・ホクレン・ゼロスペック、スマートメーター通信を活用した「灯油タンク残量監視センサ」の実証試験を開始

北海道電力ネットワーク株式会社(以下、北海道電力NW)、ホクレン農業協同組合連合会およびゼロスペック株式会社は、電力スマートメーターの通信ネットワークを活用した「灯油タンク残量監視センサの実証試験の共同実施」に関する覚書 … Read more