コネクシオとサンブリッジ、「モバイル×クラウド×IoT」統合型サービス事業の基盤構築に向けて資本業務提携

コネクシオ株式会社は、2021年3月期を最終年度とする中期経営計画「コネクシオプラン2020」において、5G時代を見据え「モバイル・ソリューション・プロバイダーへ進化」および「IoT/5Gソリューションの拡充」を目指している。

そして今回、コネクシオはマーケティングオートメーションの導入支援、定着化、連携活用を支援する株式会社サンブリッジが実施する第三者割当増資を引き受け、株式取得が完了した。

同提携により、サンブリッジの専門領域である「クラウドインテグレーション技術」と、コネクシオが携帯電話の大手販売代理店として有する「モバイルの知見」および特殊車両・建設機器・製造業などの現場経験を通じて培った「IoT実装力」を掛け合わせ「モバイル×クラウド×IoT」統合型サービスの事業基盤を構築を目指す。

また、コネクシオの顧客基盤とサンブリッジのインサイドセールスを連携し、両社のソリューション/プロダクトの販売強化とクロスセルを目指す。

Previous

NEC、分散エネルギーリソースを統合制御して調整力を創出するクラウドサービスを提供

経産省、IoT家電・機器を活用した「LIFE UP プロモーション」事業開始

Next