マイクロソフトのテクノロジーを活用した「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」が開始

国立大学法人富山大学、三協立山株式会社、日本マイクロソフト株式会社、富山市は、富山市において、マイクロソフトのクラウドやデバイスのテクノロジーを活用した「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」を2016年6月26日(日)より開始することを発表した。

「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」は、富山大学歩行圏コミュニティ研究会(通称:ホコケン)が中心となり、三協立山、富山市、市民が協働で実施してきた「歩いて暮らしたくなるまち(歩行圏コミュニティ)づくり」の研究プロジェクトに、マイクロソフトのテクノロジーが加わり、クラウド時代における最先端のテクノロジーを活用した取り組みだ。

コンパクトシティを標榜する富山県富山市は、市民の健康増進と市街地活性化に注力しており、2015年2月にロックフェラー財団の持続的な街作りに取り組む「100のレジリエント・シティ」にも、日本の都市として初めて選出されている。

富山大学歩行圏コミュニティ研究会は、元気な高齢者はもちろん、足腰が弱くなった高齢者も積極的に街に出て、生き生きと交流を楽しむことができる魅力あるコミュニティの実現を目指して7年間活動をしてきた。使いやすく安全でおしゃれな歩行補助車「まちなかカート」を開発し、市街地や市役所などに設置してきた。

マイクロソフトのテクノロジーを活用した「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」が開始

マイクロソフトのテクノロジーを活用した「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」が開始

今回、この取り組みとマイクロソフトのテクノロジーを連携させ、まちなかカートにマイクロソフトのタブレット「Surface」を設置して、高齢者がまちなかを移動すると、クラウド(Microsoft Azure)とも連携してSurfaceで様々な情報(歩行距離、歩行時間、店舗情報など)が確認できるシステム「ホコケンIoTシステム」を開発した。

「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」はこのシステムを活用し、2016年6月26日(日)から1年間、富山市在住の高齢者の歩くことによる健康維持と健康寿命の延伸を目指すという。

6月26日に、プロジェクトイベント第1弾として、「ホコケンIoTシステム」の実装に向けた現地ワークショップ「タブレット付きまちなかカートを使ってまちなかゆる歩き!!」が開催される。Surface 付きクラウドまちなかカート、クラウド(Azure)と連携した「ホコケンIoTシステム」を活用して、ホコケンメンバーである富山市に居住する65歳以上の高齢者と、富山大学の教職員・学生、三協立山職員、富山市職員が、富山市内の商店街を楽しみながら歩き、「ホコケンIoTシステム」の使い勝手や今後の地域実装に向けた方策を検討します。

 

「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」概要

プロジェクト名 富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト
参加機関 国立大学法人富山大学、三協立山株式会社、日本マイクロソフト株式会社、富山市
実施期間 2016年6月26日(日)~2017年 6月25日(日)
内容 Surface 付きクラウドまちなかカート、クラウド(Azue)と連携した「ホコケンIoTシステム」を活用し、富山市在住の高齢者の歩くことによる健康維持と健康寿命の延伸を目指すプロジェクト
●「Surface 付きクラウドまちなかカート」を使ったワークショップの実施
●「クラウドまちなかカート」による高齢者のカートの使用履歴、歩行履歴の確認
富山大学 取り組み プロジェクトマネジメント、プロジェクトの学術的検証
目的 産学官民協働による歩行圏コミュティづくりモデルの開発
三協立山 取り組み プロジェクトで使用する「Surface 付きクラウドまちなかカート」の提供
目的 安全で使いやすいカートの知見の取得
日本マイクロソフト 取り組み 「ホコケンIoTシステム」の開発
●Microsoft Azure、Surfaceなどによるまちなかカートのクラウド化
●Power BIによる「ホコケンIoTシステム」のデータ視覚化
目的 高齢者の健康増進に役立つ最新ITのモデル作り
富山市 取り組み プロジェクトへ実証の為のフィールド提供
目的 高齢者の交流促進・介護予防、中心市街地活性化

 

第1弾イベント「ホコケンIoTシステム」の実装に向けた現地ワークショップ概要

イベント名 「ホコケンIoTシステム」の実装に向けた現地ワークショップ「タブレット付きまちなかカートを使ってまちなかゆる歩き!!」
主催 富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト
参加対象 ホコケンメンバー(地域高齢者、学生、大学教職員、企業職員、富山市職員、商店街関係者など)
日時 2016年6月26日(日)9:15~13:00
内容 ●「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」の開催式
●まち歩き:Surface 付きクラウドまちなかカート、クラウドと連携した「ホコケンIoTシステム」を試用しながら、参加メンバーがグループでまち歩きを楽しむ。
●検討会:「ホコケンIoTシステム」の使い勝手や今後の地域実装に向けた方策について話し合う。

 

プロジェクト概要図

マイクロソフトのテクノロジーを活用した「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」が開始

 

【関連リンク】
マイクロソフト(Microsoft)
富山大学(University of Toyama)
三協立山(Sankyo Tateyama)
富山大学歩行圏コミュニティー研究会(ホコケン)

Previous

ST、セキュアかつコネクテッドな車載機器の開発効率化に向け、ETASおよびESCRYPTと協力

ユカイ工学とATR、「自然な会話を実現する家庭内ロボット」を共同開発

Next