IoT人気記事ランキング|IoT推進ラボ・ドローン WG ドローンワークス今村氏 講演レポート、東急電鉄、マイクロソフトやパナソニック等と共に「コネクティッドホーム アライアンス」設立など[7/24-7/30]

企業:

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。[7/24-7/30]

1位 ドローンビジネス「で」儲ける、SIerが活用できるプラットフォームも登場 ーIoT推進ラボ・ドローン WG ドローンワークス今村氏 講演レポート

ドローンビジネスというと、大抵の人は、「ドローンを作って売る」ことを思い出すのではないだろうか?それは、いわゆるドローン「メーカー」のビジネスだ。現在メーカー数は以下の図にあるよう、相当数あり、多くはDJIをはじめとした中国企業だという。
詳細はこちら

2位 東急電鉄、マイクロソフトやパナソニック等と共に「コネクティッドホーム アライアンス」設立

東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、株式会社ぐるなび、日本マイクロソフト株式会社、パナソニックグループ、株式会社ビックカメラ、三菱地所グループ、美和ロック株式会社、株式会社LIXIL(五十音順)などとともに、ジャパンクオリティの全く新しいIoTの世界を創造することを目指し、業界の垣根を越えた企業連合として、「コネクティッドホーム アライアンス」を7月25日設立した。
詳細はこちら

3位 富士通やNEC等7社、工場IoT化の加速に向け「フレキシブルファクトリパートナーアライアンス」を結成

オムロン株式会社、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(以下、ATR)、サンリツオートメイション株式会社(以下、サンリツ)、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)、日本電気株式会社(以下、NEC)、富士通株式会社及び村田機械株式会社は、複数の無線システムが混在する環境下での安定した通信を実現する協調制御技術の規格策定と標準化、および普及を推進し、製造現場での無線の利活用を一層加速するため、「フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(Flexible Factory Partner Alliance)」を本日7月26日に結成した。
詳細はこちら

4位 中国、新世代人工知能開発計画を公開

人工知能が国際競争のフォーカスと経済発展の原動力になったことを認め、中国の国務院は新世代人工知能開発計画通知を7月20日に公開し、人工知能(AI)開発に関わる戦略的な機会を捉えることを目指す。
詳細はこちら

5位 スマートファクトリーで本当にやるべきこと -FAプロダクツ 貴田氏インタビュー

FAプロダクツ社は、FAとIT両方のプロフェッショナルが集結し、Smart Factory実現に向けたシステムコンサル、機器の販売、ロボットエンジニアリングを主軸に事業を展開している企業だ。

同社は、製造現場に関わるシステムは上流から下流まで全てワンストップに対応可能だということで、株式会社 FAプロダクツ 貴田 義和氏に話を伺った。
詳細はこちら

6位 MAMORIO、第40回隅田川花火大会でIoT活用の忘れ物自動通知サービスを提供

MAMORIO株式会社は、台東区役所と連携し、7月29日に開催される第40回隅田川花火大会の来場者へのサービス向上を目的として、MAMORIO Spotを活用した「お忘れ物自動通知サービス」を提供する。
詳細はこちら

7位 ソフトバンク、LPWA接続もサポートする法人向けIoTプラットフォームを提供

ソフトバンク株式会社は、各種センサーデバイスなどからのデータを収集して、さまざまな価値につなげる法人向けのIoTプラットフォームを構築する。ソフトバンクは、このIoTプラットフォーム上で、デバイスやネットワーク、データストレージ、アプリケーションなど、IoT環境の構築に必要な要素をワンストップで提供するという。
詳細はこちら

8位 アッカ・インターナショナル、アリババグループが採用するAI物流ロボットをビルケンシュトックに導入

通販バックヤード業務に特化したフルフィルメントサービスを提供する株式会社アッカ・インターナショナル(以下、アッカ)は、物流業界の人手不足の打開策として2017年7月24日、中国のインターネットショッピング・モールであるアリババグループが採用するAI物流ロボットの稼働を日本で開始した。
詳細はこちら

9位 ユーシーテクノロジ、オープンなIoT機器開発のための標準プラットフォーム「IoT-Engine」の開発キットを販売開始

ユーシーテクノロジ株式会社は、組込み分野でオープンアーキテクチャを推進するトロンフォーラムがオープンなIoTのための標準プラットフォームとして標準規格を定め、これに賛同する世界6カ国7社の半導体メーカが推進する「IoT-Engine」の開発キットを製品化した。
詳細はこちら

10位 韓国のスタートアップ企業から発売されたスマートデバイス10選

スタートアップ企業によって開発・発売されたスマートデバイスが世界的に注目されている。たとえば韓国では、スタートアップ企業によるスマートデバイスに特化した展示会、KITASが開催されている。今回、2017年8月の第7回KITASへ出展されるスマートデバイスの中から選定された10件(KITAS Top10)を紹介する。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

NVIDIA、JetsonのAIパフォーマンスを向上させるソフトウェアリリース「JetPack3.1」を発表

エフエム和歌山、AWSの人工知能を用いた 自動音声によるニュース、天気予報の放送を開始

Next