ソフトバンク、LPWA接続もサポートする法人向けIoTプラットフォームを提供

ソフトバンク株式会社は、各種センサーデバイスなどからのデータを収集して、さまざまな価値につなげる法人向けのIoTプラットフォームを構築する。ソフトバンクは、このIoTプラットフォーム上で、デバイスやネットワーク、データストレージ、アプリケーションなど、IoT環境の構築に必要な要素をワンストップで提供するという。

ソフトバンクのIoTプラットフォームの特長は以下の通り。

  1. IoTに適した多様な通信プロトコルに対応
    IoT通信は通常のインターネット通信と異なり、データサイズが小さく、一定間隔で通信が行われるのが特徴。また、IoTデバイスは低消費電力であることが求められる。少量データで低消費電力であるIoT通信に適した通信プロトコルのMQTT(Message Queue Telemetry Transport)やCoAP(Constrained Application Protocol)、OMA Lightweight M2Mに対応し、さらにインターネットで標準的に使われているHTTPにも対応することで、さまざまな種類のIoTデバイスから接続が可能。また、ソフトバンクが提供する「LoRaWAN」や、現在商用サービスの提供に向けて準備中のCat.M1、NB-IoT(NarrowBand-IoT)といったLPWAネットワークとの接続もサポート。
  2. 国際標準に準拠したデータ保存とデータ取得
    M2MやIoTの国際標準である「oneM2M」に準拠しており、IoTデバイスから収集したデータはoneM2Mのデータ形式で保存される。ソフトバンクのIoTプラットフォームを利用するパートナー企業は、oneM2Mで定義された形式で蓄積されたデータを、いつでも自由にインターネット経由で取得することが可能。
  3. デバイス管理とファームウエアアップデート
    OMA Lightweight M2Mプロトコルを使用したIoTデバイスのファームウエアアップデート機能を提供。パートナー企業はソフトバンクのIoTプラットフォームを介して、デバイスのファームウエアアップデートを一括で実施することができ、またデバイスごとのファームウエアの状態を管理することもできる。
  4. APIの公開による柔軟な開発環境の提供と開発支援
    1~3を、パートナー企業が各種アプリケーションで柔軟に利用するためのAPIをワンストップで提供。また、今後追加されるIoTプラットフォームの機能や、ソフトバンクが保有するAPIを開放していくことで、ソリューションのさらなる拡充を進めるとともに、開発者を強力に支援するという。

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)

Previous

CANDY LINE、低データ通信量・低速度通信に特化したRaspberry Pi向けコンパクト通信ボード発売

OT-モルフォとテレフォニカが連携、M2M/IoT市場にサブスクリプションマネジャーで対応

Next