IoT人気記事ランキング|IoT/AIによる、小売業の「買われ方」の変化、失敗しないための、IoTプラットフォームの選び(概論編)など[10/23-10/29]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 IoT/AIによる、小売業の「買われ方」の変化 [Premium]

Amazonの小売改革が激しさを増している。

すでにご存知の通り、Amazonは、1994年その前身となるCadabra.comをスタートした。その後、1995年に改名し、1997年にNASDAQへ上場、1998年にはAmazon Music Store、2002年にAmazon WEB Serviceをスタートしている。
詳細はこちら

2位 失敗しないための、IoTプラットフォームの選び(概論編)[Premium]

IoTが盛り上がりを見せ出して以来、「IoTプラットフォーム」と名付けられたソリューションが山のように生まれた。

クラウドビジネスにおいて、「プラットフォーマー」の一人勝ちが聞かれる中、IoTにおいても同様の流れが生まれる可能性があり、スタートアップ企業から大手企業まで、様々なプラットフォームが提案・リリースされていきた。
詳細はこちら

3位 KTCとウエストユニティスが共同開発、工具・ウェアラブル端末を作業トレーサビリティシステムで連携し、モノとヒトの作業をつなぐIoT環境

作業工具メーカーの京都機械工具株式会社(以下、KTC)は、ウエストユニティス株式会社との共同開発プロジェクト体制で「次世代トレーサビリティシステム」を開発している。
詳細はこちら

4位 トヨタ、重要な技術領域として「人工知能」「コネクティッドカー」「自動運転」「電動化」の方針を発表

トヨタは、東京モーターショー2017で、今後開発を進めていく重要な技術領域として、「人工知能」「コネクティッドカー」「自動運転」「電動化」などの方針を発表した。
詳細はこちら

5位 自動運転技術をクルマだけでなく、物流やドローンに活用するロボットベンチャーZMP

最近よく耳にする自動運転という言葉。世界中の様々な企業が日進月歩で開発を進めており、自動運転に関する企業のプレスリリースを見ない日はないくらいだ。
詳細はこちら

6位 NEC、AI・ビッグデータ解析・資源探査・画像解析・セキュリティなどに活用できるプラットフォーム「SX-Aurora TSUBASA(エスエックス・オーロラ・ツバサ)」を販売開始

NECは、処理性能と拡張性を強化し、HPC領域の科学技術計算に加え、AI・ビッグデータ解析、資源探査、画像解析、セキュリティなどの新しい領域にも活用可能な新プラットフォーム「SX-Aurora TSUBASA(エスエックス・オーロラ・ツバサ)」を、日本国内および海外向けに販売開始する。
詳細はこちら

7位 パナソニック、IoT分野のアナリティクスソリューションを展開する米アリモ社(Arimo)を買収

パナソニック株式会社は、米国のデータ解析会社であるアリモ社(以下、Arimo)を資産買収すると発表した。
詳細はこちら

8位 ソニー、Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」を発売

ソニーは、スピーカーに話しかけて音楽の再生やニュースなどの情報取得、テレビやオーディオ機器、IoTデバイスなど対応機器のコントロールができる、Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」を本年12月9日より発売すると発表した。価格は25,000円前後だという。
詳細はこちら

9位 Amazon Echo, Google Homeなどのスマートスピーカーを、日本企業はどう見るべきか[Premium]

ついに、日本でもスマートスピーカーの販売が開始され出した。

GoogleからGoogle Home、 LineからClova WAVE、冬にはAmazonもAmazon Echoを販売開始するという。
詳細はこちら

10位 オムロン、一般道や市街地での自動運転の実現に貢献する3D-LIDARセンサーを開発

オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社(以下、OAE)は、車の周囲の状況を高精度に計測し、一般道や市街地での自動運転の実現に貢献する3D-LIDAR(3Dライダー)を開発した。2020年の量産開始を目指すという。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

アプリックス、浄水器をIoT化するオールインワンパッケージ「HARPS Aqua」を開発

運転する愉しさと自動運転の両方を実現 -東京モーターショー2017レポート②

Next