IoT人気記事ランキング|島根県益田市のLPWAを活用したスマートシティの取り組み、どうなる?2018年のIoT/AIなど[2/5-2/11]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 島根県益田市のLPWAを活用したスマートシティの取り組み

島根県益田市は、現在人口、47,697名で、毎年600名が減少しているという典型的な過疎化がすすむ地域だ。高齢化率35.3%で限界戸数も16.7%とそれに拍車がかかっている。
詳細はこちら

2位 [資料DL可] どうなる?2018年のIoT/AI -八子と小泉が語る、2018年のIoTとAI、CESレポートセミナー・レポート[Premium]

1月26日(金)、IoTNEWSの運営母体である株式会社アールジーンが主催する、「八子と小泉が語る、2018年のIoTとAI、CESレポートセミナー」が行われた。そこで、プレミアムメンバー限定で、アールジーン社外取締役・株式会社ウフル専務執行役員の八子知礼による2018年のIoT/AIの予測レポートを紹介するとともに、資料もダウンロード可能とする。
詳細はこちら

3位 ソフトバンク、「5G×IoT Studio」の提供を開始

ソフトバンク株式会社は、5GやIoTを活用した各種サービスの導入を考える企業向けに5G実験機器での技術検証ができるトライアル環境を提供し、さまざまな企業と新たな価値の共創を目指す「5G×IoT Studio」を開始すると発表した。
詳細はこちら

4位 複数のAIエンジンを組み合わせたシステム構築を容易にするAI活用支援サービス ─アクセンチュア AI Hubプラットフォーム

AI Hubプラットフォームは数多く存在するAIエンジンの中から適切なものを選択し組み合わせてソリューション化することを支援するアクセンチュアの新サービスである。
詳細はこちら

5位 [2/23(金) 開催・無料セミナー] IoT/AI時代のロジスティクス [PR]

毎月開催しているIoTNEWS主催セミナー、2月のテーマは、IoT/AI時代のロジスティクスについてだ。
詳細はこちら

→ IoT/AI事業支援サービス ーIoTNEWSの法人向けサービス[PR]

6位 シーメンスのMindSphere3 -どんなモノでもつながり、データの利活用が簡単になる日

独シーメンスから、Amazon AWSに対応したIoTプラットフォーム、MindSphere3がリリースされた。
詳細はこちら

7位 IDCが発表、2018年はLPWA規格間競争の勝敗が見え始める年に

IDC Japan株式会社は、国内LPWA(Low Power Wide Area)市場に関する分析結果を発表した。
詳細はこちら

8位 NEC、不安定な通信環境でも自動車のリアルタイム通信を可能にするネットワーク技術を開発

NECは、多数の自動車やスマートフォンなどの通信端末が存在する不安定な通信環境においても、リアルタイムに自動車が周辺情報を共有できる適応ネットワーク制御技術を開発したと発表した。
詳細はこちら

9位 自動運転のレベル2とレベル5の違いとは:NVIDIA、ドライバーレスへの道のり

完全な自律性の実現に向けた道のりを定義するために、Society of Automotive Engineers(SAE)は、多様な要素がかかわるテクノロジ分野で明確なベンチマークを確立するために、自律機能について詳細な6つのカテゴリーを策定した。
詳細はこちら

10位 NEC、顔認証による解錠を実現、「NeoFace Access Control」

NECは、既存の入退場ゲートやドアに設置することで顔認証による解錠を実現する「NeoFace Access Control」の販売を本日開始した。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

三菱電機、「器用に制御するAI」を開発

ノルウェー交通局、冬の道路状況予測でNIRA Dynamicsのコネクテッド技術に投資

Next