DFRobot、STEMロボティクス「Boson Kit」を日本で販売開始

企業:

STEM(※)ハードウエア・ソリューションプロバイダーのDFRobotは14日、Boson Kit(Bosonキット)を日本で販売すると発表した。

Boson Kitに合わせた教材も同時に提供する。Bosonは小、中、高校(K-12)のSTEM教育授業(科学、技術、工学、数学)で使用される予定だ。

DFRobotのBoson Kitは、“若い発明家”やSTEM教育者向けに考案されたモジュール型の電子組み立て式ブロックを提供する教育リソース。2017年6月に発表されたBoson Kitは、これまでに世界で5000を超える学校や教室で使われている。

Bosonは複雑なセンサーキットをシンプルで分かりやすい機能毎のモジュールに分離し、コーディングフリー、はんだ付け不要で、STEMの授業のツールとして活用できる。

また、micro:bitやArduinoなどのプラットフォームにアップグレードでき、Scratch、MakeCode、JavaScript、Python、Cのプログラミング言語をサポート。

Bosonは、インプット、アウトプット、ファンクション、パワーに分類される50種類以上のバラエティーに富んだモジュールを提供。Bosonモジュールはレゴと組み合わせられる互換性があり、さらに磁石を内蔵しているためホワイトボードに貼り付けることや、マジックテープやネジ等などでも取り付け可能だ。

<Boson Kitの特徴>

  • 子どものプログラミング能力、ロジック思考を養う
  • 対象年齢:8歳以上
  • サウンド、ライト、モーター動作の相互作用をサポート
  • 初級から上級まで12学年の課題指導

※STEM教育とは(ステム教育)は、科学・技術・工学・数学の教育分野を総称する用語。

【関連リンク】
DFRobot

Previous

アドバンテック・Behr Technologies・日立・マイクロソフト、インダストリアルIoTコネクティビティソリューションの開発で協業

IoT農業を推進するグリーンリバーホールディングス、総額105百万円の第三者割当増資を実施

Next