ソニー、”aibo”(アイボ)を米国で販売開始

ソニー株式会社は、家庭における新たな楽しみを提案する進化した自律型エンタテインメントロボット”aibo”(アイボ)を本年9月より米国で販売する。

人と寄り添いながら毎日を共に楽しく生活し、共に成長していく唯一無二のパートナーとなることを目指したaiboは、2018年1月11日以来、国内で2万台以上を販売。

今回、海外展開で初となる米国において、aibo本体と3年間の専用モバイル通信サービス、専用アクセサリー(アイボーンと足裏パッド)、シリアルナンバー付ドッグタグをパッケージにして、2,899ドルで販売する。

Previous

エコモット、3次元変位計測システム「DANA CLOUD(ダーナクラウド)」を開発

ものづくり企業に必要不可欠なMES(生産実行システム)のノウハウを凝縮し短期導入を可能に ーウイングアーク1st荏原氏インタビュー

Next