フリースケール、安全で堅牢なコネクテッド油圧システムを実現する高精度なバルブ・コントローラSoCを発表

テキサス州オースチン-2015年6月2日-フリースケール・セミコンダクタは、油圧/空圧システムの制御向けに、高精度の電流測定機能、SPI接続機能、高度な機能安全管理機能を備えた2種の高集積バルブ・コントローラSoC(システム・オン・チップ)を発表した。

 

フリースケールの新しいSB0410/SB0800 SoCは、最大8つのバルブを同時に管理しつつ、電流調整とモータ駆動を実行するシングルチップ・アナログ・コントローラだ。

2種のデバイスは、突入電流が大きい負荷に適しており、高周波駆動(最大5kHz)に対応する。

ターゲット・アプリケーションとしては、油圧/空圧システム、酸素濃縮器、医療機器、3Dプリンタ、ドリンク・ディスペンサ、農場/工場設備、灌漑用水制御などがある。

 

この統合SoCをネットワークに接続することで、セキュアなInternet of Tomorrowの実現に向け、特に過酷な環境向けに設計された予測的メンテナンス/診断機能が有効になる。

これにより、産業、医療、農業などのアプリケーションの事業者は、いつ、どの部分にメンテナンスが必要なのかを知ることができる。診断機能に基づき、コントローラは、接続不良や高温、その他安全面での懸念事項を検知し、自動的にシャットダウンを実行する。

 

フリースケールのアナログ部門セーフティ・システム・ビジネス担当ジェネラル・マネージャであるパトリック・モーガンは、次のように述べている。

「今回の新しい高集積バルブ・コントローラは、フリースケールのアナログ部門の伝統を基盤に、過酷な環境下でも堅牢で信頼性の高い油圧システム制御を実現するシングルチップ・ソリューションを提供します。このバルブ・コントローラSoCを活用することで、ボード面積とコストを抑えつつ、高精度な電流調整目標の実 現に必要な時間と労力を削減できます。新デバイスをネットワークに接続すると、産業用機器の状態を有用な形で視覚的に把握できるため、信頼性を高め、所有 コストを削減できます。」

 

新デバイスには、モータ・ポンプ機能とバルブ制御機能が組み込まれている。優れた集積度のSoCにより、ディスクリート製品をベースとする競合ソリュー ションに比べて大幅な小型化が実現し、さらに、設計が簡素化され、コストが削減される。

ディスクリート・ソリューションの場合、油圧ネットワーク内のバルブを制御する電流を正確に測定するには、さまざまなレジスタやコンデンサの値の差異を基に、各種の最終製品の補正と再補正に時間を費やす必要がある。ディスクリート・デバイスからフリースケールの統合SoCに移行することで、ソフトウェアに費やす時間と労力を削減し、開発に必要な時間とコストを減らし、市場投入を加速できる。

 

すべての機能は、シンプルなシリアル・ペリフェラル・インタフェース(SPI)を通じてプログラム可能なため、制御機能や診断機能を直接チップ上で実行でる。また、新デバイスは、広範なセーフティ・モニタリングをサポートする組込み管理メカニズムを通じて、自己修復機能を実現する。

 

■主な特長

・電流調整またはPWMモードを備えた統合バルブ・ドライバ
・リアルタイム電流調整(シャントなし、オペアンプなし)
・バルブ保護/診断機能
・安全性と堅牢性を高めるセーフ・スイッチ・オフ・モード
・モータ・ポンプ・プリドライバ
・すべての機能を制御するSPIインタフェース
・チャレンジャおよびウィンドウ・ウォッチドッグ(CRC搭載)
・障害管理(低電圧/過電圧、過熱、過負荷、過電流)

 

■開発サポート

フリースケールでは、シンプルなUSB接続でSB0410/SB0800 SoCの主要機能のデモを実行できる使いやすいKITVALVECNTLEVM評価ボードを用意している。この評価ボードにより、ソフトウェア開発サイクルを最小限に抑えることができる。

参考価格は265ドル(USD)。

また、SB0410/SB0800向けのハードウェア/ソフトウェア・サポー トを統合したリファレンス・デザインを利用すると、「プラグ・アンド・プレイ」機能を通じて、油圧/空圧アプリケーションの開発が簡素化される。
カスタマ評価用のフリースケールTower Systemボードは、2015年内に提供を開始する予定だ(キット番号:TWR-SB0410-36EVB、TWR-SB0800-36EVB)。

 

■価格と供給

SB0410とSB0800は、現在出荷中だ。1万個購入時の1個あたりの参考価格は、MC34SB0410が4.65ドル(USD)、 MC34SB0800が6.90ドル。大量購入を希望する場合は、フリースケール・セミコンダクタまたは近くの販売代理店に問い合わせる必要がある。

 

優れた堅牢性と信頼性を備えたアナログ性能

フリースケールのアナログ製品の大多数は、拡張温度範囲での動作など、産業市場の極めて重要な要件を満たす。各製品は、厳格なプロセス制御によって設計と製造が行われ、車載市場の厳格な信頼性基準を満たすよう、業界標準の手法を用いて適格性が診断さる。

SB0410/SB0800 SoCは、フリースケールの長期製品供給プログラム(Product Longevity Program)の対象となっており、製品リリースから最低10年間または15年間の供給体制が保証される。
諸条件の詳細、ならびに対象製品のリストについては、こちらへ(www.freescale.com/productlongevity)

 

■フリースケール・セミコンダクタについて

フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、セキュアな組込みプロセッシング・ソリューションによって”Internet of Tomorrow”(モノのインターネットの先にある、よりセキュアなIoTソリューション)を実現する。

フリースケールのソリューションは、より革新的で、世界を繋ぎ、私たちの生活をシンプルで安全なものにする。また、世界的な企業の役割として、次世代のイノベータを育むために、科学・技術・工学・ 数学(STEM)教育に貢献することを約束する。

詳細は、http://www.freescale.com/のWebサイトをご覧頂きたい。

 

フリースケール・テクノロジ・フォーラムについて

フリースケール・テクノロジ・フォーラム(FTF)は、業界で最も包括的な組込みエコシステムをテーマに掲げ、10年間にわたってイノベーションとコラボ レーションを牽引してきた。

FTFが提供するのは、現在および将来のモノのインターネット化に欠くことのできないセキュアな組込みソリューションを設計および完成させるためのトレーニングと専門技術だ。

FTFでは、4日間にわたる詳細なトレーニング、ハンズオン・ワークショップ、フリースケールやエコシステム・パートナーによるデモンストレーションが開催されるほか、同業種や先進的な知見をもった人々とのコラボレーションが生まれるチャンスもある。このフォーラムは世界中の開発者コミュニティから圧倒的な支持をもって受け入れられ、2005年に開催を開始して以来、世界中の参加者は67,500 人を超えている。

次回のFTFはテキサス州オースチンで2015年6月22日~25日の日程で開催される。

 

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標だ。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有している。
(C)2015フリースケール・セミコンダクタ・インク

Previous

ビーコン技術を使ったペットの見守りや健康管理用クラウドサービス(PICS™)を提供開始 ~様々なメーカーのペット関連用品からの情報を見守りや健康管理等のペット関連サービスやアプリで活用可能に~

ラスベガスでIoT EVOLUTTION EXPO開催

Next