VAIO、短期間で効率良くロボット開発が可能な「ロボット汎用プラットフォーム」を提供

昨今、日常生活の様々なシーンでコミュニケーションロボットの普及が進む一方、ロボット開発は1社で完結しないため、環境構築に時間がかかり、開発コストおよび販売価格が高額になることを、VAIO株式会社では普及を妨げる要因として課題視していた。

こうした問題に対しての解決策として、VAIOはロボット開発における各機能をもつ企業と連携し、「ロボット汎用プラットフォーム」を構築し、ワンストップのソリューションとして提供する。

「ロボット汎用プラットフォーム」は、ロボット開発及び運用のために必要なハード・ソフト・ソリューション・クラウドサービス・サポート・各種サーバ等、全ての機能を1つのプラットフォームで提供でき、ロボット開発、ロボットサービスの提供を検討する企業に、短期間で効率良く、一括してソリューションを提供することが可能になる。

ハードウェアは、ニーズに応じて中級クラスのCPUによる「Middle」とリーズナブルに利用できる「Simple」がある。

VAIO、短期間で効率良くロボット開発が可能な「ロボット汎用プラットフォーム」を提供
Simpleハードウェア
VAIO、短期間で効率良くロボット開発が可能な「ロボット汎用プラットフォーム」を提供

【関連リンク】
バイオ(VAIO)

Previous

エコモットとKDDI、法人向けIoT分野で資本業務提携

シーイーシー、セキュリティ脅威から工場の生産ラインを守る「ICS Defender」提供開始

Next