ウォルマートが翌日配送を開始

アマゾンが購入から配送までの期間をどんどん圧縮されていく中、小売大手のウォルマートも翌日配送サービスを開始した。

当初はフェニックスとラスベガスの地域限定で、35ドル以上の購入が前提となる。「NextDay eligible」と書かれた商品が対象となっているため、すべての商品が翌日配送されるわけではない。

アマゾンはすでに、すべてのプライムメンバーに対する配送を2日から1日に短縮すると発表しており、国内でもプライム会員向けの「当日お急ぎ便」や最短2時間で配送するPrime Now(専用アプリが必要)が実現されいる中、競合間での配送時間短縮の動きは加速している。

Previous

スマホで延期された、「折りたたみ」をレノボがPCで実現

IDC、国内自律移動型ロボット市場規模は2023年に561億円、コミュニケーションロボット市場規模は22億円になると予想

Next