KDDIとセイバン、IoTを活用した子供の安心・安全を見守るサービス「IoTみまもりサービス」を共同開発

KDDI株式会社とランドセルメーカーの株式会社セイバンは、IoT技術を活用した子供の安心・安全を見守るサービス「IoTみまもりサービス」を共同で開発した。セイバンは、2019年7月30日よりモニターを募集し、モニターサービスを9月2日より開始する。

IoTみまもりサービスは、専用のIoT端末に内蔵された加速度センサーが子供の動きを検知し、一定期間位置情報を伝えるサービスで、ランドセルの前ポケットなどに入れて使用することを想定している。位置情報の発信には、これまでより少ない消費電力で通信できるIoT向け通信規格LTE-Mを活用する。

今回のモニターでは、2020年からの正式サービス開始に向けて通信頻度と消費電力の最適なバランスや有用なサービスについての検証を実施する。

KDDIとセイバン、IoTを活用した子供の安心・安全を見守るサービス「IoTみまもりサービス」を共同開発
画面イメージ
通信事業を手がけるKDDIとランドセルメーカーであるセイバンが協力して今回のモニターサービスを実施することで、子供が安心して学校に通える環境作りに貢献するという。

Previous

NTTとNEC、5G向け無線モバイルフロントホールの実証実験を実施

NTT Com他4者、臨床データを活用したリハビリテーションプログラムの品質向上に向けた実証実験を開始

Next