MWC2016に見た、5G通信のIoT環境への最適化

2016年2月22日(月)~2月25日(木)に、スペインのバルセロナで開かれた、MWC2016。
204か国、10万人を超えるこのイベントは、主に通信会社のイベントだ。

そんなMWCの会場で、電通のマーケティングソリューション局に所属する、吉田健太郎氏がみた、IoT社会における通信事情のレポートは興味深い

「モノのスマート化」と呼ぶモノがインターネットにつながる世界はすでに昨年のCESなどでも発表されたが、今回のMWCではモノや情報、ヒトが雨目のように絡み合う、「コネクテッド時代」が幕を開けたのだという。

「コネクテッド時代」をささえるインフラとしての5G。これまでヨーロッパ諸国では必要と言われているものの具体的な投資は進んでいなかった。

それが、ここにきて、一気に5Gへの取り組みや成長性をアピールしているのだという。

これまで、高速化、大容量化、一本槍で進化してきた通信業界だが、IoT社会を前にして用途ごとに最適な通信環境を提供するという変化が見られたのだという。

実際イベントの模様や、図、解説などは元の文章を見てほしい。

【電通報の本文はこちらから】

Previous

Pepperアプリ開発のトレンド ・事例紹介 ー M-SOLUTIONS 植草氏

NECと産総研、「産総研-NEC 人工知能連携研究室」を設立

Next