GMOペイメントゲートウェイ、Zuoraのサブスクリプション・ビジネス向けプラットフォームにGMO-PGの決済サービスが採用

GMOインターネットグループで総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(以下、GMO-PG)は、Zuoraが提供するサブスクリプション(※1)・ビジネスの収益向上プラットフォーム「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント (RBM)(TM)」における、日本初の決済パートナーに採用された。これによりGMO-PGは、本日2016年7月5日より、Zuoraの同プラットフォームを利用する日本の顧客に対して決済機能を提供する。

GMO-PGとZuoraは、この連携を機に、IoT・クラウド・ヘルスケア・メディア・教育など様々な分野で、サブスクリプション・ビジネスを支援していく。
 
 

背景と概要

サブスクリプション・ビジネスは、日本においては日用品や食品・書籍などの消耗品を、契約期間中定額で定期的に届ける「定期購入」や「頒布会」といった販売方式として始まった。近年では、消費者ニーズの変化に伴ってサブスクリプション・ビジネスの範囲も拡大しており、例えばコンテンツ業界では購入やダウンロードといった買い切り型の「所有」から、継続して利用料を支払い、好きなときにオンラインでコンテンツを見る・聴くという「利用」へとニーズが変化していることから、継続課金制の音楽・動画配信サービスの利用が広がりつつある。

一方、商品やサービスを販売する事業者においても、買い切り型からサブスクリプション型へシフトすることで、販売の都度収益を得る「フロー型」ではなく、継続的に収益を得られる「ストック型」となるため、安定経営が実現できるほか、顧客のニーズに合致した商品やサービスを最適な価格で提案し続けることができるため、継続的な関係構築が可能となる。

こうした背景から、最近では洋服の定期レンタルや、専門家が選んだコスメや雑貨を定期的に届けるなど、各種商品小売業をはじめ、IoT・クラウド・ヘルスケア・メディア・教育といった様々な分野の事業者にサブスクリプション・ビジネスの導入が広がっている。

しかしながら、サブスクリプション・ビジネスは、ユーザーの課金毎に複数回の請求・決済が発生する仕組み上、請求データ・決済の管理業務や費用の負担がかかるほか、新しいサービス追加や価格の変更時にシステム開発が生じるため、自社で全てを行うのは難しく、サブスクリプション型へシフトできずにいる事業者も少なくなかった。

GMOペイメントゲートウェイ、Zuoraのサブスクリプション・ビジネス向けプラットフォームにGMO-PGの決済サービスが採用
 
 

Zuoraのサブスクリプション・ビジネス向けのプラットフォーム

こうした課題を解決するべく、Zuoraは、商品・サービスの価格設定をはじめ、見積、Web販売、契約管理、決済(請求・回収)、売上計上、レポート・分析など、サブスクリプション・ビジネスに必要な機能を1つにまとめたプラットフォーム「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント (RBM)(TM)」を提供している。

事業者は同プラットフォームを導入することで、サブスクリプション・ビジネスを顧客のニーズに合わせて迅速に展開できることから、これまでにIBMやゼネラルモーターズをはじめとする世界中の大企業約800社で導入されている。日本においても、freeeやチームスピリットをはじめとするクラウドサービスや、IoT、メディア業界へ導入が進んでいる。

 

Zuoraの日本市場における決済パートナーとしてGMO-PGが決済機能を提供

そして今回GMO-PGは、Zuoraが日本の事業者に向けてサブスクリプション・ビジネス向けのプラットフォームを展開するにあたり、国内初の決済パートナーとして決済機能を提供することとなった。Zuoraの同プラットフォームでは、これまで日本国内の決済サービスを選択することができなかったが、GMO-PGの国内向け決済サービスを新たに利用できるようになる(※2)。

今後、GMO-PGとZuoraは、IoT・クラウド・ヘルスケア・メディア・教育など様々な分野で、サブスクリプション・ビジネスを支援するべく、連携して展開していくという。

 

(※1)サブスクリプションとは、契約期間に応じて費用がかかるサービスやソフトウェアなど販売方式の一つ。商品の場合は、契約期間中に定期的に商品を届ける、定期購入型の販売方式のこと。

(※2)決済機能の利用には、GMO-PGとの契約が必要となる。

 

【関連リンク】
GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)
ズオラ(Zuora)
フリー(freee)
チームスピリット(TeamSpirit)

Previous

ロボットスタート、小型の遠隔操作型アンドロイド「テレノイド」を提供するテレノイド計画と業務提携

TSUTAYA・C&E・ワンモア、モノづくりにチャレンジするクリエイター支援を開始 、第一弾は音できらめくLEDキャンドルライト「Kvel」

Next