ベロダイン・ライダー、フォードとバイドゥからの投資で、車載LiDARセンサーの設計・生産を急拡大

LiDAR(光検出・測距)技術のベロダイン・ライダーは、フォード・モーター・カンパニー(以下、フォード)および中国の検索エンジン会社バイドゥの共同投資者が、総額1億5000万ドルの投資を完了したと発表した。ベロダインはこの投資により、車載LiDARセンサーの設計・生産を急拡大していくとしている。

ベロダインは過去10年間に、4世代のハイブリッドソリッドステートLiDARシステムを開発した。このシステムは、レーザーセンサーによって周囲から収集したリッチデータを解釈する同社専有のソフトウエアとアルゴリズムが搭載され、マッピング、測位、物体認識、衝突回避に使用する高解像度の3Dデジタル画像を作成する。ベロダインのLiDARソリューションは、1センチレベルの精度で最大200メートル圏内から、毎秒30万〜220万のデータポイントを収集可能だという。

ベロダイン・ライダーの創立者で最高経営責任者(CEO)のデビッド・ホール氏は、次のように述べている。「今回の投資によって、ベロダインのLiDARセンサーのコスト削減と生産の拡大を加速することで、広範な利用を可能にして、完全自律走行車の大規模導入を実現できます。私たちは自律走行車の安全向上という目標をできるだけ早急に推進すると同時に、自律システムの効率を強化すべく、固い決意で取り組みます。」

また、ベロダインと長年にわたって関係を築いているフォードの製品開発担当エグゼクティブバイスプレジデント兼最高技術責任者(CTO)のRaj Nair氏は、「今回の投資は世界中の消費者に自律走行車を提供するという両社の約束を明確に表しています。」と述べている。

バイドゥも国内市場の中国を中心に、自律走行車の安全を世界規模で推進するというベロダインの理念を共有し、すでに中国で自律走行車フリートの試験を開始している。

【関連リンク】
ベロダイン・ライダー(Velodyne LiDAR)
フォード(Ford)
バイドゥ(Baidu/百度)

Previous

亜太電信(APT)、台湾のスマートアイランド化に向けてActilityの次世代IoTプラットフォームが中核を担う「IoT by Gt Smart Life」サービスを開始

日本のスタートアップは世界で太刀打ちできるのか? STARTUP WORLD CUP 2017開催!

Next