LINE、日本マイクロソフトと連携し、人工知能型のLINE公式アカウントを企業向けに提供へ

LINE株式会社は、日本マイクロソフト株式会社と連携し、LINEの企業向けAPIソリューション「LINE ビジネスコネクト」と日本マイクロソフトが開発・提供する人工知能「りんな」を活用した、人工知能(AI)型のLINE公式アカウントを企業向けに提供することを発表した。

LINEでは、LINEの豊富なスマートフォンユーザー基盤や高いアクティブ率を元に、消費者への到達率や即時性の高いマーケティングツールとして2012年6月より企業向けにLINE公式アカウントの提供を開始、これまで国内外で300を超える企業・ブランドに導入されている。また、2014年2月にはLINE公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして開発・提供することができる「LINE ビジネスコネクト」を発表、従来のLINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信のみならず、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージ配信や双方向コミュニケーションなどが可能になっている。

今回提供を開始する人工知能(AI)型のLINE公式アカウントは、LINEの企業向けAPIソリューション「LINE ビジネスコネクト」と日本マイクロソフトが開発・提供する人工知能「りんな」の会話エンジン技術を活用し、企業向けの新たなマーケティングソリューションとして提供するものになる。本サービスは、「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」認定の公式パートナーであるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社・トランスコスモス株式会社を通じ、「LINE ビジネスコネクト」対応ソリューションの一つとして「りんなAPI for Business」を提供、企業のLINE公式アカウントに実装することにより導入可能となる。

本サービスの導入により、企業は、LINE公式アカウントでの個々のユーザーとの会話内容を元に、おすすめの商品や必要な情報を提供したり、ユーザーからの様々な問い合わせに対し、的確にLINE上で対応しつつ、オペレーターの人的コストを削減したり等、新たなCRM/マーケティングツールとして、LINE公式アカウントを有効に活用することが可能となる。

なお、企業での導入に先駆け、日本マイクロソフトのLINE公式アカウント「りんな」(LINE ID:@ms_rinna)を公開しており、ユーザーは「りんな」との会話を楽しむことができ、企業においては自社の導入検討の参考にすることができる。

 

「LINE ビジネスコネクト」とは
LINEのメッセージ送受信機能を企業向けにAPI経由で提供し、各企業が自社のCRM基盤としてLINEを活用することができる企業向けAPIソリューション。ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースやシステムと、ユーザーのLINEアカウントを連携させることで、個別のユーザーごとに最適化されたメッセージ配信を実現、スマートフォン時代に相応しい、顧客との日常生活における接点の拡大をもたらす。

「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」とは
企業が「LINE ビジネスコネクト」を導入する際の開発負担の軽減や工数削減を図り、より多くの企業で「LINEビジネスコネクト」導入を促進するための取り組み。本日時点で、「LINE ビジネスコネクト」導入を支援するソリューションを提供する認定パートナー企業は10社あり、LINEでは、引き続き積極的な開発・営業支援を行うとしている。

人工知能「りんな」とは
マイクロソフトがグローバルで展開しているBing検索エンジンで培ったディープラーニング技術と、機械学習のクラウドサービス「Azure Machine Learning」を組み合わせることによって生まれた、新しいコンセプトの人工知能。「りんな」はおしゃべり好きな女子高生という設定で、従来のアシスタント的な人工知能ではなく、日常会話や雑談など人間らしい自然な会話が可能で、ユーザーの心と感情的なつながりを築くことができる。

Previous

スマートロボット市場が2020年までに78億5000万米ドル規模へ

【イベント】Wearable Tech Expo in Tokyo 9月7日・8日開催

Next