IoT人気記事ランキング|シーメンスインタビュー、ドコモの浮遊球体ドローンディスプレイなど[4/17~4/23]

企業:

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。 [4/17~4/23]

1位 インダストリー4.0の本場ドイツのスマートファクトリー、その本質は何なのか? 設計終了後5分で製造が始められる秘密 —シーメンス 島田氏インタビュー 第一回

3回にわたってシーメンス株式会社 デジタルファクトリー事業本部 プロセス&ドライブ事業本部 専務執行役員 事業本部長 島田太郎氏に話を伺った。
詳細はこちら

2位 ここまでできる、シーメンスが考える製造業のIoT —シーメンス 島田氏インタビュー 第二回

シーメンス株式会社へのインタビュー第二回。
詳細はこちら

3位 製造業のIoTが、月額数千円から始められるIoTプラットフォームとIoT時代の工場のセキュリティ —シーメンス 島田氏インタビュー 第三回

シーメンス株式会社へのインタビュー第三回。
詳細はこちら

4位 NTTドコモ、360度映像を表示しながら飛行可能な「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発

株式会社NTTドコモは、無人航空機(以下、ドローン)を活用した新たなビジネスの創出に向けて、全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発した。
詳細はこちら

5位 ヤマト運輸とDeNA、「ロボネコヤマト」実用実験を開始

ヤマト運輸株式会社と株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA) は、2017 年4月17日(月)から2018年3月31日(土)の期間、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼 海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクト の実用実験として、新しい受取り方を検証する2つのサービスを開始する。
詳細はこちら

6位 経産省、「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定

経済産業省は、2025年までに、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズの全ての取扱商品(推計1000億個/年)に電子タグを利用することについて、一定の条件の下で各社と合意することができた。これを踏まえ、各社と共同で「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定した。
詳細はこちら

7位 富士通と横浜市住宅供給公社、IoTを活用した高齢居住者の見守りサービスで協業

横浜市住宅供給公社と富士通株式会社は、IoTを活用して高齢居住者の生活状況や健康状態を遠隔で見守るサービスについて、その有用性や事業性の検証を行うことを目的とした協定を締結した。
詳細はこちら

8位 NVIDIAとFacebook、ディープラーニング フレームワーク「Caffe2」を拡充

この記事はNVIDIAのブログ記事で発表された内容である。
詳細はこちら

9位 シーメンス、ジェイテクトと製造業のデジタル化領域で協力

シーメンス株式会社は、自動車部品・工作機械の株式会社ジェイテクトと製造業のデジタル化領域で協力を開始する。今月よりシーメンスが日本でも提供を開始したクラウドベースのオープンIoTオペレーションシステム「MindSphere(マインドスフィア)」を手始めに、統合生産ラインビルダーを目指すジェイテクトを全面的に支援する。
詳細はこちら

10位 NXPセミコンダクターズ、Amazonとの協業でNXPリファレンス・プラットフォームを発表

NXP Semiconductors N.V.はAmazonのファー・フィールド音声認識技術とAmazon Alexa Voice Service(AVS)を統合したAmazon Alexa向けNXPリファレンス・プラットフォームを発表した。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

アマゾン、新しいアレクサ・スキル開発ツールとβ版テストツールを公開

ボッシュ、人とロボットがともに働く環境を構築

Next