安川情報システム、LTE対応のIoTゲートウェイ製品「MMLink-GWL」販売

IoTによるビジネス変革を推進している安川情報システム株式会社は、IoT/M2M向けモバイル通信アダプタMMLinkシリーズのラインナップとしてマルチキャリア・LTE対応のIoTゲートウェイ製品「MMLink-GWL」(エムエムリンク ジーダブリュウエル)を販売した。

「MMLink-GWL」はLTEルータとして高速大量通信を低遅延で行うことができるため、動画配信などにも対応可能。さらに、搭載されているVPN 機能により安価なインターネットSIMでのセキュアな通信を実現。また、ユーザアプリケーションのカスタマイズも容易で、産業機器とその上位システム間でのデ ータ受け渡しに必要な通信プロトコル変換を行うIoTゲートウェイとして利用できるという。

その収集したデータを一次分析し、必要な結果のみをクラウドシステムへ送信するためのエッジコンピュータとしての利用も可能。産業設備で多く用いられているRS-232C/485 インターフェースが搭載され、IP通信機能を備えていない産業設備を容易にネットワークに接続することが可能となる。

産業界ではIoTによるスマート化実現に向けた動きが加速し、設備機器の多様化に加え、通信回線、データを管理、活用する上位システムの多様化も進んでおり、それらをシームレスに接続する通信機器が求められている。

【関連リンク】
安川情報システム(YASKAWA INFORMATION SYSTEMS)

Previous

KDDIとトヨタ、東タク協と共同で「つながるタクシー」から取得する大容量の走行データ通信・活用の実証実験を開始

西濃運輸、GPS活用した配達時の車両位置情報が分かる「いち知る」サービス開始

Next