センスウェイ、LoRaWAN対応WBGTセンサを活用した熱中症対策ソリューションを提供開始

近年日本では、夏季の平均気温上昇に伴う熱中症救急搬送者の増加が問題となっている。各環境において熱中症による被害を未然に防ぐためには、センサ実測データを基にした暑さ指数の計測と見える化、アラートなどによる危機管理が求められている。

そうした中センスウェイ株式会社は、株式会社フジクラが開発した熱中症予防のために活用される暑さ指数(WBGT)を計測する、黒球付きセンサノードとを組み合わせた熱中症対策ソリューションを開発し、5月31日より提供を開始する。

フジクラが開発したエネルギーハーベスト(EH)型LoRaWAN屋内/屋外センサノードは、輻射熱を測定する黒球温度センサと一体化しており、ネットワークには低消費電力広域通信であるLoRaWANを採用している。

今回発表されたソリューションでは、このセンサノードから送信されたデータをもとに、クラウド上でグラフによる見える化や設定した閾値を超過した際に、メールや携帯端末への音声・メール通知を行うアラート機能を実現するアプリケーションを提供する。このアプリケーションの利用にあたっては、ユーザーの用途や運用に合わせた表示画面や現場環境に応じたWBGT値の閾値設定などのカスタマイズにも対応する。

センスウェイ、LoRaWAN対応WBGTセンサを活用した熱中症対策ソリューションを提供開始
モニタリング画面のイメージ

またセンスウェイは、同ソリューションの開発を、鹿島道路株式会社との共同プロジェクトの一環として推進しており、実際に活用した結果やバイタルセンサーを用いた実証実験を応用した現場管理サービスを検討していくとしている。

センスウェイ、LoRaWAN対応WBGTセンサを活用した熱中症対策ソリューションを提供開始
鹿島道路により設置されたセンサノード。