東京エレクトロン デバイス、AIシステム開発のエンジニアリングサービス「TAILES」を提供開始

昨今のディープラーニングでは、大規模で高性能な計算能力をもったAIシステムをパブリッククラウドサービス上で利用するケースが増えている。

しかし、パブリッククラウドサービスを利用してディープラーニングの学習を始めるためには、サーバインスタンスの作成、ストレージのアタッチ、ネットワークの構築など多くの準備が必要となる。これらは仮想化環境で提供されるためにオーバーヘッドが発生し、ハードウェアの性能を完全に引き出すことができないという課題があった。

東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)は、ディープラーニングの高速な学習をすぐに始められるTED AI Labエンジニアリングサービス「TAILES」の販売を開始した。

TAILESは、AIアクセラレータの利用、およびTEDのエンジニアによる簡易デモ、ハンズオンセッション、AI Labの使い方やディープラーニングに関する一般的なQAなどを併せたエンジニアリングサービスである。ユーザーは、AIアクセラレータとハードウェアから構成されたTED AI Labですぐにディープラーニングの高速な学習を始めることができる。

従来のパブリッククラウドサービスとは異なり、自社のオンプレミス環境のようにTED AI Labのベアメタル環境を利用できる。これにより、サーバーやストレージ、ネットワークのハードウェア性能を最大限に引き出し、システム規模の適正化のための性能評価、クラウド環境との性能・価格比較、AI処理に特化した性能検証といったユーザーのAIシステム開発に伴うニーズに対応するという。また、TAILESの利用はリモート接続と併せて、オンサイトでの接続やデータの持ち込みも可能だ。
東京エレクトロン デバイス、AIシステム開発のエンジニアリングサービス「TAILES」を提供開始
なお、TAILESの利用価格は、100万円~となっている。