内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

神戸デジタル・ラボ、Momoの農業IoTキットを活用したシステム開発を開始

昨今、農業IoTが注目を集めている。様々なデータにより、畑や菜園、田畑などの圃場を見える化することで、農法や作業を効率化・改善に貢献するが、サーバにデータを送り保存する農業IoTデバイスは廉価化が進んでおらず、現状は一般農家に普及しているとは言い難い。

このような中、株式会社神戸デジタル・ラボ(以下、KDL)は、株式会社Momoが提供する農業向けIoTキット「Agri Palette(アグリパレット)」を使用したシステム・WEB開発の提供を開始した。

Agri Paletteとは、土壌(土壌水分量・土壌温度・土壌EC・土壌Ph)と空気(気温・湿度・二酸化炭素濃度)と日照量の8つのデータをセンサから取得してゲートウェイを通してデータベースに記録し、アプリで可視化するセンサーシステムだ。

これまでMomoが農業法人に提供してきたハードウェア/データハブのプラットフォームを、サードパーティ開発企業向けに開放している。データ連携技術により同一ハードウェアでパートナー企業が自社サービスを開発・展開することができる。これにより、農家や農業法人は、1組のデバイスを購入するだけで複数のアプリケーションで利用できる。

肥料メーカーによる土壌センサのデータを活用した施肥の最適化サービス、食品・飲料メーカーや小売企業の自社農園管理業務システムへのセンサの連携による業務効率化など、これまで1社では開発しきれなかった様々なユースケースでの活用が想定されている。

また、AgVenture LabやKDDIムゲンラボの支援の下、ハードウェア構成を極限まで削ぎ落とし必要な機能のみを残すことで、一般の農家でも活用できるよう低価格化を実現した。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録