内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

成田空港、AIを活用した自動装着機能付き搭乗橋を試験導入

成田国際空港株式会社(NAA)は、スマートエアポート、ファストトラベル等の空港のサービスレベル向上にかかる取り組みの一環として、国際線用として日本初となるAIを活用した自動装着機能付きの搭乗橋(※1)を試験導入する。

自動装着機能は、AIと画像認証技術により航空機のドアを認識することで、時間をかけずにより確実で正確な航空機への接続を可能とし、顧客のスムーズな降機に繋がるものだという。

同機能導入に先立ち、既存の搭乗橋にてAIの学習に使用する画像データの取得を行う。その後、2019年3月をめどに更新する搭乗橋に同機能を搭載した搭乗橋を設置、航空会社が実際に使用し、使い勝手や安全面などの評価・検証を行うとした。

成田空港の国際線での試験導入では、国内線では実証できていない航空会社・航空機の機種について、幅広く実施が可能。同搭乗橋の運用により有用性が確認されれば、順次導入に向けて検討を進めるとした。導入場所は第2ターミナルの64番スポットだ。

自動装着機能は、画像認証技術により航空機のドアを認識し、ボタン操作一つで10cm手前まで自動で移動(※2)。航空機の駐機位置がずれた場合や、悪天候などで環境が変わった場合も、蓄積された画像データをもとにAIが画像判定を行い、ドアの位置を特定して、装着を可能としている。

※1 搭乗橋:ターミナルビルから航空機へ搭乗する際に使用する可動式の通路。既存の搭乗橋は人が運転するため、装着の精度が個人の技量に左右される。
※2 技術的には完全装着も可能だが、安全性を担保するため、航空機の10cm手前で停止してマニュアル操作に切り替える。

【関連リンク】
成田国際空港(NAA)

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録