内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

セブン銀行、ATM内紙幣の増減予測精度を向上のため、人工知能を活用する実験を開始

株式会社セブン銀行は、ATMの中にある紙幣の増減予測に人工知能(AI)を活用することを検討するため、日本電気株式会社(以下、NEC)およびSOINN株式会社(の2社とそれぞれ実験を開始したことを発表した。

 

セブン銀行では、ATMが紙幣切れによって停止しないようにすると同時に、紙幣の入れ過ぎによって発生する資金コストを削減するため、全国に22,000台以上あるATM1台1台について、入出金による紙幣の増減を日々予測して、適切なタイミングで補充を行っている。

今回の実験では、人工知能(AI)を活用し、この予測精度を向上させることで、更なるサービス品質の向上と効率化を目指すという。実験は、平成28年3月上旬に開始しており、夏頃に結果検証を行う予定。

 

【関連リンク】
セブン銀行(Seven Bank)
日本電気(NEC)
ソイン(SOINN)

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録