ソニーのMESH、Windows版アプリを提供開始、プログラミング教育必修化にも対応

ソニー株式会社のMESHプロジェクトは、身近なものとセンサーなどを組み合わせてオリジナルの仕組みを簡単に作ることができ、プログラミング的思考が身につく「MESH(メッシュ)」のWindows版アプリケーションの提供を本日より開始した。

従来のiOS、Android向けアプリケーションに加えて、Windows対応アプリケーションも揃えることで、2020年にプログラミング教育必修化を迎える教育現場でも活用しやすくすることが狙いだ。

「MESH」は、無線でつながるセンサーなどのブロックを、専用アプリ内でつないでいくだけで、センサーやインターネットを活用した仕組みをつくれるプラットフォーム。難しい電子工作やプログラミングの知識がなくても、直感的に仕組みをつくることができ、試行錯誤を気軽に何度でも繰り返すことが可能だ。

そのため、「つくる(Make)、体験する(Experience)、共有する(Share)」という、ものづくりを通じて学んでいくサイクルを、子どもから大人まで幅広い年齢層の方に楽しみながら体験できる。プログラミング教育やSTEAM教育(※)、人材育成などのアクティブラーニングの場でも活用することが可能だ。

※STEAMは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)の頭文字で、これからの時代に必要な基礎能力を養う「STEAM教育」が提唱されている。

なお、ソニーはMESHを活用した教育事例や授業で使えるサポートコンテンツを、無料で公開。工作の車にリモートコントロールを追加した作品や、植物への自動水やり機など、工作から日常的に使えるものまで幅広い種類のレシピが200作品以上公開されている。

【関連リンク】
MESH教育活用ページ
MESH公式サイト

Previous

エネルギー・オプティマイザー、IoTを活用した持続可能な地域エネルギーシステムの構築に向け京都大学と共同研究を開始

西菱電機、「IoTスターターキット」の提供を開始

Next