スカイディスクと九州大学、IoT/AIセキュアクラウドプラットフォームの共同研究を開始

株式会社スカイディスクと九州大学サイバーセキュリティセンターは、スマートファクトリー化におけるIoT/AIセキュアクラウドプラットフォームの共同研究を開始した。

工場内にIoT、AIサービスを導入する際、大きな課題の一つに「セキュリティの担保」がある。これはサイバー攻撃を受けたIoT機器が不正アクセスやデータの盗難などの踏み台とならないように、安全運用を行うためにどのように対策するかという課題だ。

今回、両者は、未知の脅威に対応可能な人工知能の開発や、自分自身で改良していく人工知能デバイス、ネットワークの下層レイヤにて、セキュリティを担保するプロトコルおよびセキュリティデバイスの研究を進めるべく、共同研究を行うこととなった。

サイバー攻撃を受けたり、工場内にあるデバイスからデータを抜かれたりしたとしても、IoT、AIのサービスの安全運用ができるよう、ブロックチェーン技術の活用や人工知能のFPGA実装などで、スマートファクトリー向けのセキュアなプラットフォームの共同研究を行う。

【関連リンク】
スカイディスク(Skydisc)
九州大学サイバーセキュリティセンター

Previous

ゼンリンデータコムとKudanが業務・資本提携

ドコマップジャパン・富士運輸など、AIとRPAを活用して運送業界の業務効率化に向けた実証実験を開始

Next