STマイクロエレクトロニクス、IoTセンサの設計期間を短縮する直観的なファームウェア開発ツールを発表

STマイクロエレクトロニクス(以下、ST)は、コンパイルとSTM32マイクロコントローラ(マイコン)上での実行が可能なライブラリ・モジュールにより、センサ制御アルゴリズムをグラフィカルに構築することができる開発ツールAlgoBuilderを発表。この開発ツールは、ファームウェア開発のコーディングが不要だ。

AlgoBuilderは、STのMEMSセンサとマイコンを搭載したIoT機器の設計簡略化を目的に開発されたツールで、概念実証用モデルの迅速な実装を可能にする。ユーザは、選択した関数ブロックのドラッグ・アンド・ドロップ、ブロック間の結合、特性の設定といった操作により、アルゴリズムを迅速かつ直観的に構築することができるという。AlgoBuilderは、グラフィカルな設計に基づいて、あらゆる設計ルールを検証し、Cコードを自動的に生成する。

STのSTM32マイコンと各種MEMSセンサ(モーション・センサ、環境センサ、MEMSマイクロフォンなど)の幅広い選択肢を活用できるAlgoBuilderは、論理演算、数学演算、信号処理、ユーザ入力、ベクトル演算といった多くのライブラリを提供。センサ・ハブ、モーション・センサの較正のほか、活動認識、モーション強度、歩数計など、一般的に使用される機能を実現するターンキー・アルゴリズムも含まれている。また、ユーザ独自のカスタム機能をAlgoBuilderライブラリに追加することも可能だ。

一般的にMEMSサプライヤはソフトウェア・ライブラリを提供するが、STのAlgoBuilderは、ソフトウェア・ライブラリとその他のロジックを結合する環境を提供し、TrueSTUDIO for STM32、SW4STM32 System Workbench for STM32、IAR-EWARM IAR Embedded Workbench for Arm、Keil μVision MDK-ARM-STM32などのSTM32 IDE(統合開発環境)を使用してコンパイルできる完全なファームウェア・プロジェクトを開発することができる。

AlgoBuilderは、MEMSセンサ拡張ボード X-NUCLEO-IKS01A2を接続したマイコン開発ボード NUCLEO-F401RE / NUCLEO-L476RGや、IoT開発モジュールSensorTileなど、さまざまなSTM32プラットフォームでファームウェアを生成することが可能。SensorTileは、超低消費電力マイコンのSTM32L476JG、モーション & 環境センサ、およびBluetooth low energy通信ICを集積したモジュールだ。

ユーザは、AlgoBuilderに搭載されたUnicleo-GUIアプリケーションを起動し、動作中のファームウェアの出力を表示させることで、ファームウェアのテストを実施できる。STのセンサ拡張ソフトウェア・パッケージとX-NUCLEOボードで使用できるセンサ専用のグラフィック・ユーザ・インタフェースであるUnicleo-GUIは、センサ・データを時系列グラフ、散布図、3Dグラフなどで可視化することが可能だ。

【関連リンク】
AlgoBuilder

Previous

オリィ研究所、簡単な肉体労働を可能とする分身テレワークロボット「OriHime-D」を発表

菱洋エレクトロ、Deep Learning外観検査開発キット「gLupeTM 開発キット」の販売を開始

Next