金沢工業大、GPSでバスの位置を見える化する「バスどこシステム」の運用テストを実施

金沢工業大学「BusStopプロジェクト」では、野々市市のコミュニティバス「のっティ」の現在位置がわかる「バスどこシステム」の運用テストを平成30年7月28日(土)、29日(日)に開催される「第37回野々市じょんからまつり」の期間、実施する。

野々市じょんからまつりは,例年3万人程度の来場者が訪れており、その来訪者が利用することを想定した取り組みとなる。

金沢工業大、GPSでバスの位置を見える化する「バスどこシステム」の運用テストを実施

「バスどこシステム」は、スマートフォン、タブレット、パソコンでのっティのバスの居場所がわかるシステム。バスが移動するとリアルタイムでバスのアイコンが移動しバスの現在地がわかる。

「のっティ」の車両にGPS機器を設置し、LoRa(※)や3G回線でサーバーに送られた位置情報をWebアプリケーションに表示。スマートフォンやタブレット、PC等の端末で現在位置がリアルタイムで確認できる。

※LoRa:IoT向けの通信ネットワークに用いられている無線通信方式の一つ。「バスどこシステム」では国際高専独自のLoRa技術(特許出願済)でバス停間の通信を行っている。

【関連リンク】
「バスどこシステム」
※このURLは実施日のみ利用することが可能。

Previous

WeChat Payと無人コンビニの実態、日本の電子決済はどうなるのか -深セン決済事情レポート

SAPジャパン、「SAP Digital Manufacturing Cloud」を提供開始

Next