開催決定!【参加無料&特典付き説明会】IoTアイディアを事業化まで支援! 『北九州でIoT』事業説明会イベント(東京・大手町)参加者募集

PR

IoTをテーマにしたビジネスプランコンテスト【北九州でIoT】が今年も開催される。

アイディアさえあれば、プロトタイピングから事業化まで、手厚い支援を行うこのビッグプロジェクトは、ものづくりの街として知られる福岡県北九州市が主催するものだ。
開催初年度となった昨年のコンテストでは、株式会社ハチたま(東京都)の猫のスマートトイレ「トレッタ」が採択され、1年も経たないうちにサービスを開始したことで、業界から大きな注目を集めている。

【北九州でIoT】は最大で6チームが採択され、1チームあたり100万円が支給される。
通常、アイディアがあっても、設備や経験がないと「ものづくり」は難しいものだが、このコンテストは一味違う。モノ作りの経験や設備がない人でも、プロトタイピングができることに大きな特徴がある。

また、TOTO、第一交通産業、ドーワテクノスといった地域を代表する大手企業とのオープンイノベーションの機会があることも魅力のひとつだ。
さらに、小笠原治氏や岩佐琢磨氏といった業界の最先端を走る方から直接メンター支援を受けることもできる。
つまり、「オール北九州」による手厚い支援を受けられ、事業化を最終ゴールとしている点が、他のコンテストとは一線を画している。

開催決定!【参加無料&特典付き説明会】IoTアイディアを事業化まで支援! 『北九州でIoT』事業説明会イベント(東京・大手町)参加者募集

8月23日(木)に東京・大手町において説明会を兼ねたイベントを開催する。
九州地方の自治体主催のコンテストだが、昨年も都内で説明会を実施した結果、応募総数の約4割が首都圏から占められ、最終選抜まで残ったチーム5社のうち、3つのプランが首都圏に籍を置くチームだった。
つまり、やる気とアイディアがあれば居住地に関係なくチャンスを掴めるということだ。
(8月8日に北九州地域で同様の説明会が実施される)

イベントは、IoTビジネスに関心のある方であれば誰でも無料で参加でき、しかも、ビジネス誌の「週刊ダイヤモンド」を、参加者全員に3か月分(8520円相当)プレゼントするというから太っ腹だ。

福岡県北九州市は、日本の近代化をリードしてきた政令指定都市。
官営八幡製鉄所を皮切りに、TOTO、安川電機、ゼンリンといったユニークな企業を生み、育んできた風土がある。
次世代産業の柱としてIoTビジネスの創出を目指す北九州市が、IoTビジネスのプラットフォーム構築に名乗りをあげた格好だ。

居住地に関わらず、やる気とアイディアがあれば誰でもチャンスを掴める。
この機会を見逃すことなく、ぜひ挑戦してほしい。

開催決定!【参加無料&特典付き説明会】IoTアイディアを事業化まで支援! 『北九州でIoT』事業説明会イベント(東京・大手町)参加者募集

▶『北九州でIoT』公式サイト

イベント概要:参加特典付き

名称◆「北九州でIoT 東京説明会」
日時◆2018年8月23日(木)19:00~21:00(受付:18:30)
※プログラムの最新情報は特設サイトでご確認いただけます。
会場◆ fabbit 大手町(東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル3階)
交通◆ JR「東京」駅・地下鉄「大手町」駅 地下直結  
対象◆ IoTビジネスに興味のある方
定員◆ 60名(事前申込制)
参加◆ 無料
特典◆ 来場者にはビジネス誌『週刊ダイヤモンド』3か月分(8,520円相当)を贈呈
申込◆ リンク先からお申し込みください(事前予約制)


『北九州でIoT』概要

公式サイト

■4つの特徴■
(1)全国初!IoTのアイディアを「ものづくり」から「事業化」まで支援
(2)大手企業ならびに高専・大学とのコラボレーションのチャンス
(3)ビジネス開発ならびにものづくりのプロ集団による強力なサポート体制
(4)1件あたり最大100万円の手厚い資金援助(交通費・材料費) 

■メンター陣■
株式会社ABBALab 代表 小笠原治氏
株式会社Shiftall 代表取締役CEO 岩佐琢磨氏
株式会社マクアケ 取締役 木内 文昭氏
デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社 九州地区リーダー 香月 稔氏
国立北九州工業高等専門学校
合同会社ネクストテクノロジー
西日本工業大学
 
■資金支援■
書類審査を通過した案件(12件程度を想定)に対し、北九州市で開催されるプレゼン審査のための交通費を支給。
プレゼン審査を通過したアイディア(最大6件)に対し、交通費・材料費の実費支給(1件あたり最大100万円)。

■募集テーマ■
(A)「チャレンジテーマ枠」
① テーマ:IoTで作る未来の水まわり空間とは(TOTO株式会社)
② テーマ:IoTによるあんしんリモデル(TOTO株式会社)
③ テーマ:8月8日の事業説明会(北九州会場)以降に発表(第一交通産業株式会社)
(B)「自由提案枠」
  自由にテーマを設定のうえ提案(supported by ドーワテクノス株式会社)

※「チャレンジテーマ枠」は、大手企業と一緒にビジネスプランを磨き上げながら本格的な事業化に向けた取り組みが期待できる。 「自由提案枠」は、提案者の自由な発想のもと、IoTに関連した試作品製作・事業化を目指すことができる。

■参加資格■
全国の個人・学生・ベンチャー・中小企業(第二創業)等、どなたでも応募可能。
(スタートアップ企業等の事業拡大を支援する目的の側面もあるため、大手企業による申込みは断る場合がある。ただし大手企業の従業員等が個人として応募することは可能)

■協賛■
TOTO株式会社、第一交通産業株式会社、株式会社ドーワテクノス

■お問い合わせ■
【事務局(受託事業者)】
有限責任監査法人トーマツ 北九州連絡事務所 担当:小野 TEL:(093)588-4500
【主催者】
北九州市産業経済局産業政策課 担当:加地、森永 TEL:(093)582-2299

Previous

GEのデジタル事業に対する長期的な強いコミットメント

スマートドライブが17億円の資金調達、コネクテッドカーの新領域を切り拓く —代表取締役 北川烈氏インタビュー

Next