IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表

企業:

【概要】
■産業特化型ソリューションを構築するデータエコシステムが増加。またデータをバリューチェーン/サプライチェーン横断型でつなげる取り組みも活発化
■DaaSを通じ、データをサービスとして提供するベンダーが台頭。産官学のプレイヤーが、データの自由取引を通じたオープンイノベーションを目指す動きも加速
■データエコシステムベンダーは、ヒトの働き方改善、ダイバーシティ加速、新たな体験の創造を目指すべく、サイバー空間と物理空間の間でデータをバリアフリーに活用すべき

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社は、「データエコシステム」および「DaaS(Data as a Service)」に対するプレイヤーの取り組みの調査結果を発表した。

IDCでは、モノが生成する「IoTデータ」と企業やヒトの活動が生成する「非IoTデータ」を組み合わせることで、マネタイズモデルの創出を推進するプレイヤーの集合体をデータエコシステムと呼んでいる。

またデータエコシステムを活用し、データに付加価値を上乗せして販売/流通することや、データ分析結果をもとに得られた収益をシェアするビジネス形態をDaaSと呼んでいる。

今回の調査により、国内のデータエコシステム/DaaSに対するベンダー/企業の取り組みには現在、大きく3つの潮流があることが分かった。

1つ目として、製造業や流通業など、各産業に特化したソリューションを構築するデータエコシステムが増加しており、また各データエコシステムのデータを産業横断型で活用し、バリューチェーン/サプライチェーン(VC/SC)のつながりを強化する動きが増加している。

2つ目に、データエコシステムの活性化に向け、IoTの領域、非IoTの領域、物理領域の境界をなくし、データの活用をバリアフリーに広げることで、各領域の「イノベーションの連鎖」が加速している。

3つ目に、DaaS基盤を通じ、データをサービスとして提供するベンダーが台頭。またデータエコシステムに関わる産官学のさまざまなプレイヤーが、データの自由取引を通じたオープンイノベーションを目指す動きも見られる。

IoTデバイス接続数の急速な拡大に伴い、IoTデータは全世界的に増加していくと見込まれる。また、企業の業務システムのデータや、個人のスマートデバイスが生み出すデータなど、企業やヒトの活動が生成する非IoTデータも同様に増加していく。

それによりIoTデータと非IoTデータの合計は、2025年には163兆ギガバイトに達するとIDCではみている。昨今では米中欧の大手ITプレイヤーを筆頭に、B2C系の非IoTデータを中心に活用することで、データのマネタイズを推進する動きが加速している。

そうした先進プレイヤーに対抗する上でも、IoTに関わるベンダー/企業は、あらゆる種類のデータ活用を視野に入れ、データエコシステム/DaaSを通じた新たなマネタイゼーションの道筋を見極める必要がある。

IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストである鳥巣悠太氏は、次のように述べている。

「データエコシステムベンダーは、VC/SCをつなぐことを念頭に、さまざまな産業特化型ソリューションの提供を進める必要がある。

ベンダーはデータの活用によって従来ヒトが行っていた作業を削減するだけでなく、物理世界におけるヒトの働き方改善、ダイバーシティ加速、新たなエクスペリエンスの創造を目指さなくてはならない。そのためにはIoT領域/非IoT領域といったサイバー空間と、物理空間の間でさまざまなデータをバリアフリーに活用する必要がある」

【関連リンク】
IDC Japan

Previous

NVIDIAのVRソリューションHolodeck、エンジニアリング・建設向け新機能を追加

IoT人気記事ランキング|スマートドライブが17億円の資金調達、Embedded Technology 2018など[8/6-8/12]

Next