セキド、ポータブル水中ドローン「CCROV」の販売を開始

株式会社セキドは、水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。「CCROV 水中ドローン標準パッケージ・75mケーブル付き」の価格は464,400円(税込)だ。

CCROVは小型かつ高い機動性をもった高性能水中ドローン(ROV)。6つのスラスターを有し、整備性の高い機体構造でメンテナンスの手間は従来の水中ドローンに比べ低減した。 CCROVは調査・点検の他、研究活動にも活用が期待できる。

CCROVのサイズは約208 x 204 x 158mm。バックパックやスーツケースに収納して簡単に持ち運べる。ユーザーフレンドリーな操作システムで、送信機やアプリで誰でも簡単に操作できるしくみとなっている。

6基のスラスターを駆使することにより3次元機動が可能になり調査点検では時に重要視される真横移動が可能。嵩張るテザーケーブルやバッテリーは全てコードリールに収納され初心者でも手軽に運用することができる。

<CCROVの主な性能>

  • 4Kカメラ搭載
  • 720P ライブビデオ伝送
  • 最大100メートルの潜水が可能
  • 高品質の素材と統合されたデザイン
  • 6スラスタ装備
  • 自由な移動(前後、左右、浮上/潜行、旋回)
  • 自動姿勢制御(方位、深度)
  • コードリール内蔵電源(地上でバッテリー交換が可能)
  • 1500ルーメンLEDライト

<想定用途>

  • 構造物点検:横移動と縦移動を繰り返し壁面全体を網羅する調査
  • 施設点検:工場プラントや養殖場など小型かつ手軽な運用が求められる現場
  • 研究調査:複数バッテリーを使用し長時間の連続水中調査

【関連リンク】
水中ドローン「CCROV」

Previous

調理ロボットのコネクテッドロボティクス、東大松尾研発のベンチャーキャピタル「Deep30」より資金調達

ドローンオペレーティングのSKYFchain、中国ブロックチェーンファンドと投資契約を締結

Next