ソフトバンク、NextVRと共同制作した日本のVRコンテンツを世界に無料配信

ソフトバンク株式会社は、NextVR, Inc.(以下、NextVR)と共同で、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)技術を活用して制作した日本のコンテンツを国内外に向けて無料で配信する(※)。

NextVRは、2016年7月にソフトバンクが出資した企業で、3Dで立体視できる没入型の先進的なVR技術を持つ。

米国ではプロバスケットボールのNBAやプロアメリカンフットボールのNFL、プロレスのWWE、コンサートなど1,300以上のVRコンテンツの配信実績があるが、日本のVRコンテンツの制作や配信に関わるのは今回が初めてだ。

今回共同で制作するVRコンテンツの第1弾として、2018年8月19日に開催されるキックボクシングの真夏の祭典「KNOCK OUT SUMMER FES. 2018」の模様をライブ配信。

また、第2弾として“最強の地下アイドル”をうたうアイドルグループ「仮面女子」の公演を8月30日からオンデマンド配信する。

各VRコンテンツは、NextVRが提供する「NextVR NOW」または「NextVR」のアプリ内の「SoftBankチャンネル」から閲覧できる。

なお、「KNOCK OUT SUMMER FES. 2018」のライブ配信については、Facebook傘下のOculusが5月30日に開始した新サービス「Oculus Venues」でも視聴可能だ。

App StoreやGoogle Playから「NextVR NOW」のアプリをダウンロードしたスマートフォンを、市販のVRゴーグルを装着することで視聴できる。

また、「Galaxy Gear VR」やスマートフォンを装着することなくVRコンテンツを視聴できる高機能ゴーグルを利用する場合は、それぞれの専用ストアから「NextVR」のアプリを指定のデバイスにダウンロードして視聴できる。

※配信対象外の国がある。

<対応する高機能ゴーグル>

・「Galaxy Gear VR」
・「HTC Vive」
・「Lenovo Mirage Solo with Daydream」
・「Oculus Go」
・「PlayStation VR」
・「Windows Mixed Reality」対応ゴーグル

Previous

かもめや、リアルタイム気象観測システム「KAZAMIDORI」の運用を開始

DEEPCORE、ディープラーニングを活用した病理画像診断ソフトの開発を行うメドメインへ出資

Next