ひとつのビーコンで最大6種発信「マルチアドバタイズBLEビーコン」、オカベマーキングシステムが開発

オカベマーキングシステム株式会社は、ひとつのビーコンで最大6種のデータフォーマットを発信可能な「マルチアドバタイズBLEビーコン」シリーズ3機種の販売を開始した。

BLE(Bluetooth Low Energy)ビーコンは人やモノとインターネットを中継するIoTデバイス。現在市場で販売されているBLEビーコンの多くは、iBeaconまたはEddystoneどちらかの規格にのみ対応したものが多い。

アプリやクラウドサービスによって、各規格のビーコンを準備する必要がある。今後更なる普及が見込まれるBLEビーコンの利便性を高めるため、iBeaconとEddystoneに対応し、ひとつのビーコンで複数のデータフォーマットを同時使用可能な「マルチアドバタイズBLEビーコン」を開発。

初期設定や設置作業の手間を軽減し、たくさんのビーコン保有するコストを削減する。使用目的が変わってもアプリから遠隔操作で簡単に設定変更が可能なため、多様なユースケースに対応。

<マルチアドバタイズBLEビーコンの対応データフォーマット>

  • iBeacon
  • Eddystone (UID・ URL・TLM)
  • Info(ビーコン情報)※独自仕様
  • Acc(加速度センサー)※独自仕様 BLE-TM511のみ搭載

<マルチアドバタイズBLEビーコンの特徴>

  1. ひとつのビーコンに6スロットを搭載し最大6種のマルチアドバタイズ可能。
  2. iBeacon・Eddystone両規格に対応し同時が使用可能。
  3. ボタン操作や加速度の検知でアドバタイズするトリガーモード搭載。※加速度トリガーはBLE-TM511のみ
  4. iOS/Android対応した便利なビーコン設定用アプリを無償提供。
  5. アプリから遠隔操作で手の届きにくい場所に設置しても簡単に設定変更可能。
  6. パスワード保護機能を搭載。不正なビーコンの設定変更を防止。
  7. 遠隔変更停止モードを搭載。再度ビーコン本体のボタンを押して接続するまで遠隔操作を防止しビーコンを保護。
  8. BLE-TM500はIP65、BLE-TM541はIP66、BLE-TM511はIP67仕様の防塵・防滴性能で屋外でも使用可能。
  9. BLE-TM500・BLE-TM541は本体ボタン、BLE-TM511は基盤上ボタンで電源オン/オフが可能。使用時のみオンにする事で無駄な電池消耗を抑えられ、アプリからも遠隔操作で電源オフが可能。
  10. BLE-TM500・BLE-TM511はボタン電池で最長3年、ロングライフバッテリータイプのBLE-TM541なら単三電池4本で最長10年使用可能。※ビーコンの設定や設置環境によって電池消耗は異なる

【関連リンク】
マルチアドバタイズBLEビーコン「BLE-TM511/BLE-TM541/BLE-TM500」製品情報

Previous

インフォコーパスとPALTEK、グローバル対応産業向けIoTソリューションを展開

「AI」の活用の実態と、未来をよむ

Next