Raspberry Piで簡単IoT、西菱電機がIoTゲートウェイ用ソフトウェアインストール済microSDカードの提供開始

西菱電機株式会社は、「Seiryo Business Platform(SBP)」のIoTサービスとして、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を使用して簡単にIoTゲートウェイを導入できる、ソフトウェアインストール済microSDカードの提供を開始した。

顧客が用意したRaspberry Pi 3に西菱電機が提供するmicroSDカードを挿入するだけで、センサーデバイスのデータをダッシュボードで確認することができる。

Raspberry Piは、イギリスのラズベリー財団によって開発されたシングルコンピュータで、当初は教育向けへの利用が想定されていたが、現在では小型で安価に入手できることから、産業用にも多く利用されている。

しかしこれまでは、ゲートウェイへ接続するまでに、電子工作やプログラミングの知識が必要になるなど、利用者にとってハードルがあった。

同サービスでは、ゲートウェイ接続に必要なソフトウェアがmicroSDカードに既にインストールされているため、Raspberry PiにmicroSDカードを挿入すればすぐにIoTを始めることができる。

提供内容

【micro SDカード単体プラン】

・microSDカード 3,500円(税別)
 -microSDカード(16GB) 1枚 ※IoTゲートウェイ用ソフトウェアインストール済
・ダッシュボード利用料 月額500円(税別)

【Raspberry Pi 3セットプラン】

・Raspberry Pi 3セットプラン 35,000円(税別)
 -Raspberry Pi 3
 -Raspberry Pi 3用電源ユニット
 -Raspberry Pi 3用ケース
 -3Gドングル
 -micro SDカード(16GB) ※IoTゲートウェイ用ソフトウェアインストール済
・ダッシュボード利用料 月額500円(税別)

※送料別
※IoTゲートウェイ用ソフトウェアは、接続可能センサーデバイスより1種類を指定する。

接続可能センサーデバイス

・SensorTag(Texas Instruments:光、デジタル・マイク、磁気センサ、湿度、圧力、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、物体の温度、周囲温度)
・環境センサー(2JCIE-BL01)(オムロン:温度、湿度、気圧、照度、紫外線、音圧)
・ビーコン(フォーカスシステムズ)
・センサーブロック(西菱電機:温湿度、照度、加速度、反射、距離、電流)

【関連リンク】
西菱電機(SEIRYO ELECTRIC)

Previous

HoloEyes、医療VRシステムで国内特許を取得

IoT×工数管理、アジアクエストが「Smart CUBE(スマートキューブ)」を発表

Next