アクロクエスト・第一工業・東洋電機、ディープラーニングによる物体検知AIを活用した搬送システムを共同開発

アクロクエストテクノロジー株式会社(以下、アクロクエスト)は、IoTアプリケーションプラットフォーム「Torrentio」シリーズの画像・動画解析AIソリューション「Torrentio Video(トレンティオ ビデオ)」を活用した自動仕分けによる搬送システムを第一工業株式会社、東洋電機株式会社と共同開発した。

既存のバーコードやセンサーによる仕分けでは、荷物の形状や色などの判別まではできず、昨今、荷物の内容が多様化する物流業界や、様々な製品を扱う製造業の現場では、その仕分け作業に、多大な労力(人・時間)が必要となっているという。今回、その労力削減や仕分けの精度向上にむけて、第一工業、東洋電機、アクロクエストの3社共同で、カメラ映像を元に、AI技術を活用した自動仕分けによる搬送システムの開発に取り組んだ。

搬送ラインを流れる荷物をカメラで撮影しつつ、その形状や色をリアルタイムに分析・判別する実証実験を行い、物品の自動仕分けに成功。アクロクエストは、画像・動画解析AIソリューション「Torrentio Video」を活用して、上記の分析・判別の自動化を可能にした。

「Torrentio Video」の特長は以下の通り。

  • 市販のネットワークカメラを利用して、特定物体の検知が可能。
  • エッジ処理で、高速な画像・動画解析を実現。
  • 少ない画像サンプルでも、効率的にモデルの構築が可能。

【関連リンク】
アクロクエストテクノロジー(Acroquest Technology)
第一工業(DAIICHI KOGYO)
東洋電機(Toyo Electric)
Torrentio Video

Previous

クアルコム、次世代スマートウオッチ向け「Snapdragon Wear 3100」発表

ぷらっとホーム、国内高圧スマート電力量メータへのアクセス認証取得によりスマートシティ・スマートビル向けIoT市場への対応を強化

Next