アイデミア、顔認識技術を利用した「アイデミア3Dフェース」を発表

アイデミアは、同社の生体認証セキュリティーに関する専門知識を電子機器メーカーにもたらすアイデミア3Dフェースを発表した。これは3D顔認識技術を使って、スマートフォンを素早く簡単にロック解除できるソフトウエアだ。

カウンターポイント・リサーチの調査によると、現在機器メーカーの66%が指紋センサーを選択しているが、生体顔認識技術を採用するメーカーが増加傾向にある。2020年には、新しいスマートフォンのすべてが生体認証センサーを搭載する見通しだという。このため顔認識が標準となり、より安全で人間工学的なユーザー体験が実現する見込みだ。

アイデミアが、2018年モバイル・ワールド・コングレスで発表した顔認識ソリューションのアイデミア3Dフェースは、簡単かつ効率的なセキュリティー機能に対するスマートフォン・ユーザーの需要を反映している。

アイデミア3Dフェースの顔認識技術は、撮影機能を持つすべてのスマートフォンに適合する。また、車載技術に統合して、車の所有者の顔を認識したり、運転中のドライバーの居眠りなど、異常な行動を特定したりするといった用途が考えられている。

【関連リンク】
アイデミア(IDEMIA)

Previous

IDC、国内IoT市場でソフトウェア/サービスの支出割合は2022年までに61.1%に達すると発表

活用段階にきたデジタルツインとスマートファクトリー —FAプロダクツ主催「Smart Factoryセミナー2018」

Next