Amazon、HDディスプレイ搭載の「Echo Show」発売

Amazonは本日、スマートスピーカー「Amazon Echoシリーズ」の新製品に加え、新登場のEchoオーディオコンポーネントを発表した。自宅のさまざまな部屋でAlexaの利便性をより一層、簡単に楽しめるようになるという。

Amazon Echoの新製品は以下の通り。

  • Echo Dot(5,980 円 税込)
    次世代のEcho Dotは、丸みを帯びたデザインとファブリック仕上げによる新しい筐体デザインとコンパクトながらもよりパワフルな音を特徴としている。側面にファブリックを用いたチャコール、ヘザーグレー、サンドストーンの3色展開。また、情報や天気を尋ねたり、複数の部屋で同じ楽曲を一斉に流したり、タイマーやアラームを設定したり、Alexa対応スマートホーム・デバイスをコントロールする(※2)ことが可能。
  • Echo Plus(17,980 円 税込)
    今回のEcho Plusは、大口径3インチのネオジウム・ウーファーと増大したバックボリュームを備え、2台揃えることで、左右それぞれで音楽を再生するステレオスピーカーとしても機能する。また、新しい筐体デザインになりチャコール、ヘザーグレー、サンドストーンの3色展開。

    ZigBeeスマートホームハブを内蔵し、ハブやアプリを追加することなく、ZigBee対応のスマートホーム製品を自動的に検知し、接続設定を行う。さらに、Echo Plusでは温度センサーが搭載された。これにより、「アレクサ、現在のリビングの温度を教えて」と話しかけるだけで、室温を確認することも可能。

  • Echo Show (27,980 円 税込)
    米国で発売されてから第2世代目となる最新型の Echo Show は、色鮮やかにビジュアルを魅力的に表示する10.1インチHDディスプレイを備え、Alexaに話しかけることで、天気やビデオを見たり、買い物リストを表示させたり、さまざまな視覚体験を得られる。またEcho ShowにはZigBeeスマートホームハブも内蔵されている。

    Echo Showは、2インチのデュアル・ネオジムドライバー、パッシブ・バス・ラジエーター、Dolby プロセッシングなどの搭載により、深みのあるパワフルな低音と鮮明な高音の再現で音域を広げ、好きな楽曲を堪能できる。Amazonデジタルミュージックストアで購入した楽曲(※3)、Amazon Music Unlimited や Prime Music の聴き放題サービスのほか、d ヒッツpowered by レコチョク、うたパスの楽曲(※4)を聞いたり、Amazon Music や「カラオケ JOYSOUND」のスキルを利用して、スクリーンに表示される歌詞(※5)を見ながらカラオケに興じることもできる。

    Echo Showでは、ビデオ通話をサポートする500万画素のカメラが内蔵されており、Echo Spot、Echo Show、またはAlexaアプリをインストールしたスマートフォンを持つ友人や家族とハンズフリー通話を楽しめる。また、別の部屋にあるEchoデバイスに呼びかけたり(※6)、Alexaに対応する別売りのカメラを設置して子供部屋を確認することもできる。

    さらにEcho Showはウェブ・ブラウザが搭載されており、「アレクサ、Silk を開いて」または「アレクサ、Firefox を開いて」との発話でウェブ・ブラウザを利用できる。ブラウザを開き、画面上のキーボードを使ってURLを入力してウェブサイトにアクセスできる。他のブラウザと同様、お気に入りのウェブサイトをブックマークすることも可能。

なお、今回発売されるEcho Plus、Echo DotおよびEcho Showは、Wi-Fi簡単設定により、いくつかの簡単な手順でWi-Fiネットワークに接続できるようになった。なお、Wi-Fi簡単設定を行うには既にWi-Fi接続された別のEchoデバイスが必要など、条件がある。

Amazon Echoオーディオコンポーネントの新製品は以下の通り。

  • Echo Sub(15,980 円 税込)
    Echo Subは、既存のEchoや新製品のEcho Plusとつなぐことで、豊かなサウンドと深い重低音の音楽再生を楽しめる、Echoシリーズ初のワイヤレスサブウーファー。Echo Subと対応するEcho デバイスとペアリングして、1.1または2.1のステレオサウンドを作ることができる。

現在、Alexa スキルストアで提供される Echo シリーズ向けの Alexa スキルは1,000を超え、この中には音声向けのスキルだけでなく、視覚体験を提供する新しいスキルも増え続けている。例えば、ベビーシッター・サービスの予約を行えるスキル「KIDSLINE」や、スカパー!の番組や放映スケジュールをチェックできるスキル「スカパー!番組検索」など、数々の有用なスキルが提供された。

さらに、Echo Spotに加え今回、Echo Showの提供開始により、スクリーンを生かしたさまざまなスキルも用意されている。例えば、さまざまな店舗の中からメニューを注文、Amazon Payの利用で支払いとデリバリーが可能な新しいスキル「出前館」や、遊園地や水族館など全国のレジャー施設の電子チケットを割引で購入できるスキル「JTB おでかけチケット」など、改良されたスキルの提供も開始される。

これらのスキルは、音声を主体としながらも、必要に応じて画面表示やタッチ操作など、多様な方法でのユーザー対話を自在に組み合わせることができる新デザイン言語「Alexa Presentation Language (APL)」を利用して開発されている。

Echo Dot、Echo Plus、Echo Subは本日より先行予約開始。出荷開始は10月30日。Echo Showも本日より先行予約開始され、出荷は12月12日予定。

※1 Echo Subは、Echo(現行製品)とEcho Plus (新製品)のみに対応。
※2 スマートホームの製品によっては別途接続するためのハブ(別売)が必要となる場合がある。
※3 マイミュージックに登録された楽曲が対象。
※4 サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合がある。
※5 特定の曲でのみ利用が可能
※6 呼びかけ機能は通常はデフォルト・オフの設定。利用には、別途設定をオンに変更する必要がある。設定をオンに変更後、同じアカウントにEchoデバ
イスを追加した場合のみ、既にオンにされた呼びかけ機能はそれらのデバイスも適用される。

【関連リンク】
Echo Dot
Echo Plus
Echo Sub

Previous

ショーケース・ティービー、AI・画像認識ソリューションの提供を目指しカオピーズ社と業務提携

TISとFRONTEO、人工知能「KIBIT」活用したソリューションの展開・提供で協業

Next