NTTコミュニケーションズと日本カーソリューションズが交通事故の自動検知精度向上に成功、ドライブレコーダーの音声・映像・センサーデータをAIが解析

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)と日本カーソリューションズ株式会社(以下、NCS)は、ドライブレコーダーの映像、センサーデータ(速度、加速度)に音声データを加え、NTT Comが開発したAI(マルチモーダル深層学習※1)が解析することで、交通事故における自動検知の精度向上に成功した。同AIはNTTグループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を活用している。

NCSは、カーリースを契約している企業に、「NCSドライブドクター」(※2)を提供している。このサービスのオプションである「NCS交通安全プログラム」の映像解析サービスでは、専任スタッフがドライブレコーダーに記録された映像ビッグデータの中からさまざまな危険運転シーンを抽出し分類を行っており、この業務には多くの時間を要するという課題があるという。

NTT Comは、2016年より車両向けマルチモーダル深層学習の開発に取り組み、ドライブレコーダーデータの解析による危険運転(以下、ヒヤリハット)の検知に成功。従来は映像やセンサーデータのみを解析対象にしていたが、今回、新たに交通事故発生時の接触音や人の声などの音声データを加えた車両向けマルチモーダル深層学習を開発し、交通事故についてもAIで自動検知することを実現するために、両社でこれらのデータ解析に関する実験を開始した。

同実験では、車両や歩行者などと接触しそうになるシーンをヒヤリハット、接触したシーンを交通事故とする設定にもとづき、NCSが顧客に提供しているドライブレコーダーデータから、音声や映像、センサーデータである「時系列マルチモーダルデータ」を約850件抽出。そして、その7割(約600件)をAIに学習させた後、残り3割(約250件)のデータをAIに判定させて解析を実施した。

ドライブレコーダーは、車両の前方映像を記録するため、特に後方や横方向の状況において、ヒヤリハットか交通事故かを判別するのは困難だったという。今回新たに交通事故発生時の音声データを追加したことで、映像には映らない場所の状況についても、接触音などを含めて解析することが可能となり、その結果車両の全方位においてAIでの自動検知精度が向上した。

音声、映像、センサーデータを対象にした解析では、映像、センサーデータのみを対象にした解析と比べて、交通事故と判定した精度が約1.75倍の89%(正解率※3)に、通常運転、ヒヤリハット、交通事故の全体においても、約1.2倍の85%を記録(※4)した。

NTTコミュニケーションズと日本カーソリューションズが交通事故の自動検知精度向上に成功、ドライブレコーダーの音声・映像・センサーデータをAIが解析
同実験の判定イメージ

今後両社は、ドライブレコーダーから交通事故やそれにつながる危険運転を自動検知し、運転手の意識向上や事故軽減への対策など安全運転の実現に向けた取り組みを行っていくという。

※1 マルチモーダル深層学習:人間が視覚や聴覚などの複数の感覚様相(モダリティ)を使って物事を把握しているように、AIにおいても音声や映像など、複数のビッグデータを統合的に解析するニューラルネットワーク。
※2 「NCSドライブドクター」:走行中の運行データを自動的に転送することで、車両の運行状況や運転者の安全運転実施状況をWeb上で把握でき、運転映像も録画できるテレマティクス運行管理サービス。
※3 正解率:同アルゴリズムの予測結果全体と、答えがどの程度一致しているかを判断する指標。
※4 同実験で記録した精度は以下の通り。

  • 交通事故と判定した精度
    ・映像、センサーデータの場合  適合率:51%、再現率:50%
    ・音声、映像、センサーデータの場合  適合率:89%、再現率:89%
  • 同実験で通常、ヒヤリハット、交通事故と判定した全体の精度
    ・映像、センサーデータの場合  適合率:72%、再現率:72%
    ・音声、映像、センサーデータの場合  適合率:85%、再現率:85%

【関連リンク】
日本カーソリューションズ(NIPPON CAR SOLUTIONS)

Previous

安川情報システム、目視検査を自動化するAI画像判定サービス「MMEye」発売

ACCESSとLeapMind協業、低消費電力IoTデバイスのAI化を目指す

Next