セラク、農業IoTサービス「みどりクラウド」で新たに環境制御サービスを開始

株式会社セラクは、農業IoTサービス「みどりクラウド」において、新たに「環境制御オプション(有料)」を追加し、IoT/AIによるスマートな環境制御サービスの提供を開始する。

「環境制御オプション」は、ビニルハウスにおける窓の開閉や温度を一定に保つためのボイラーの操作などを、みどりクラウドアプリから遠隔で行えるようにするオプションサービスだ。

これまでも、圃場環境データをIoTで取得、AIなどで分析し、温度や二酸化炭素濃度などが一定のしきい値を超えたらアプリにアラートを飛ばすなどの機能を持っていたが、これにアプリから遠隔操作で環境制御ができるようになることで、農業生産者の負担が軽減され、生産性の向上が期待される。

農業IoTサービス「みどりクラウド」は、難しい設定や設置工事の必要がなく、機器を購入して電源を入れるだけで農業IoTを始められるクラウドサービスだ。

圃場への設置機器である「みどりボックス」、スマートフォンやパソコンで取得したデータを分析・閲覧・通知する「みどりモニタ」、農作業の記録・管理を簡単にする農作業記録サービス「みどりノート」に加え、機器制御オプションやデータ解析による栽培支援サービスを提供している。

Previous

九州電力とオプティム、AI・IoTの活用で戦略的提携

ネクストスケープとNTT Com、AIに指示・対話しながら作業ができるMRソリューションの提供を開始

Next