NTTドコモとNEDO、観光客のエリア内回遊性向上させる「AI運行バス」横浜で実証実験開始

株式会社NTTドコモと国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)は、横浜市(※1)と共同で、横浜MaaS「AI運行バス」実証実験を開始する。

これは、スマートフォン等で観光施設、グルメスポットやイベント情報の検索ができ、その場所まで行きたいときにダイレクトに移動できるオンデマンド乗合交通「AI運行バス」を、観光客を中心とする来街者が体験できる実証実験だ。「AI運行バス」は4~6人乗客定員のタクシー車両が全10台、乗車は無料。期間は2018年10月5日から2018年12月10日までで、みなとみらい21、関内エリア周辺で実施される。

同実証実験では、リアルタイムで最適な車両・ルートを導き出すAI配車機能に加え、店舗・商業施設がブログ感覚で、施設情報の告知や集客のためのクーポンをリアルタイムに利用者に伝える情報配信機能を統合し、MaaS(mobility as a service)プラットフォームへ進化させた「AI運行バス」を運行。また、250を超える観光・グルメ・アミューズメント等の商業施設との連携により、エリア内の回遊性向上の効果を検証する。

NTTドコモとNEDO、観光客のエリア内回遊性向上させる「AI運行バス」横浜で実証実験開始

NTTドコモとNEDO、観光客のエリア内回遊性向上させる「AI運行バス」横浜で実証実験開始

NEDOは、AIの社会実装の実現に向けた研究開発プロジェクト(※2)を今年度から開始した。「AI運行バス」の運行は、そのプロジェクトの一環である「人工知能技術を用いた便利・快適で効率的なオンデマンド乗合型交通の実現」の実証実験として実施される。

横浜市では、AI・IoT等により新ビジネス創出を促進する「I・TOP 横浜」の取り組みにて、まちの回遊性向上ならびに商業施設への送客効果による経済の活性化、賑わいの創出をめざす「まちの回遊性向上プロジェクト」を立ち上げた。同実証実験はこのプロジェクトの一つとして実施される。

なお、同実証実験は、JR東日本主催のモビリティ変革コンソーシアムDoor to Door推進WGにおける「Suica認証による交通事業者・デマンド交通・商業施設の連携に関するMaaS実証」と連携して実施される。

※1 同取り組みは、横浜市とNTTで2018年7月31日に締結した「官民データ活用による超スマート社会の実現に関する包括連携協定」の取り組みの一つとして実施。
※2 同取り組みは、NEDOの人工知能技術の社会実装に向けた国家プロジェクト「次世代人工知能・ロボットの中核となるインテグレート技術開発(実施予定期間:2018年度~2022年度)」の取り組みの一つ。

Previous

日立がAIを活用したドローンのインフラ点検を拡充、日立ドローンプラットフォームを強化

パナソニック、スマートホームを実現する「AiSEG2」につながる機器を20社33機器に拡大

Next