OFF Line、LoRa搭載「LoRaウオッチみまもり」サービスを開始

「みまもりビーコン」サービスを開発・提供するOFF Line株式会社は10月12日、LoRa、GPS、BLEを搭載した時計型LoRa端末を用い、生体データやGPS情報を取得するみまもりサービスを開始した。

これまで開発してきた「みまもりビーコン」のクラウドシステムと連結し、みまもり専用の管理画面を用いて使用者の状況を把握することが可能という。

LoRaウオッチみまもり

主な仕様

  • BLE検知器の設置場所(施設など)から外出、帰宅したことを検知
  • LoRaゲートウエイの設置場所から半径5キロ以内でのGPS(位置情報)、生体データ(脈拍、体温)の取得
  • 上記の情報をクラウド上に集約し、情報の共有、配信、通知(PC,スマホを使用)
  • LINE、メールなどでアラート、情報の配信・通知
  • 連続使用時間4日間
  • サービス対象

  • 老人ホーム、介護施設、高齢者住宅利用者のモニタリング、外出検知、徘徊捜索
  • 地域包括ケア、遠隔医療などでの遠隔モニタリング
  • 屋外で働く人のヘルスケアみまもり(労働者、バス・タクシー運転手など)
  • 屋内における動線管理
  • 各種アクティビティ、スポーツ
  • 【関連リンク】
    OFF Line株式会社

    Previous

    IBMとNVIDIA、データサイエンティスト向けのオープンソース機械学習ツールの強化に向けて提携

    ウフル、出資映画作品でIoTプロモーションの実証実験

    Next