IDC、2018年第2四半期のAR・VRヘッドセット世界出荷台数は116万台と発表

企業:

【概要】
■2018年第2四半期のAR・VRヘッドセット世界出荷台数は116万台
■スクリーンレス型VRヘッドセットが著しく減少、スタンドアロン型は合計30万台超
■国内の出荷台数は5.9万台、スタンドアロン型VRヘッドセットは1.1万台

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社は、2018年第2四半期(4~6月)のAR(Augmented Reality)・VR(Virtual Reality)ヘッドセットの国内・世界出荷台数を発表した。

IDCのWorldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker 2018Q2によると、2018年第2四半期のAR・VRヘッドセットの出荷台数は116万台となった。これは前年同期より32.7%の減少だが、サムスンのGear VRに代表されるスクリーンレスタイプのヘッドセットが前年同期の103万台から今四半期は41万台と大きく台数を減らしたことが主な要因だという。

ケーブルタイプのVRヘッドセットは前年同期比37.3%の減少となった。これは多くの商品の値下げが行われた2017年第2四半期と比べ、Oculusやソニーといったメジャーブランドが勢いを維持できていないことに由来。その結果、これらの2ベンダーの世界全体での出荷台数はそれぞれ10万2千台と9万3千台にとどまった。

HTCは、スタンドアロンタイプのVive Focusを除いた出荷台数が11万1千台となった。これは同Proシリーズの投入などにより、Viveportの人気が拡大したためとみられている。Oculus GoやMirage Soloなどのスタンドアロン型VRヘッドセットは前年同期比417.7%の伸びとなり、世界全体では33万6千台の出荷となった。

他方、消費者向けVRヘッドセットは依然として注目すべきマーケットではあるものの、ビジネス向けもテスト向けや大企業での採用が軌道に乗りつつある。本四半期ではVRヘッドセットの約20%がビジネス向けだったが、前年同期の14%より拡大した。また、ビジネス利用の拡大に伴い、ビジネス向けヘッドセットの平均販売価格(ASP:Average Selling Price)も333ドルから442ドルに上昇している。

米国IDC Mobile Device Tracker シニアリサーチアナリストのジテシュ・ウブラニ氏は「VR市場の主な問題の一つは、消費者がVRヘッドセットを試すことが難しいということである。そのためビジネス市場が注目を浴びているが、HTCが最近Dave & Buster’s(米国のレストランチェーン)と結んだ提携や、Oculusが進めている世界中の学校との協力は、消費者のVRの使用を促すうえで重要な役割を果たすだろう。」と述べている。

「メインストリーム向けのVRコンテンツがいまだ十分ではないこの市場においては、一般消費者がこの技術に追いつくのを待ちつつ、ビジネスでの利用を模索するベンダーが増えている」と米国IDC デバイスおよびAR・VR リサーチ プログラムバイスプレジデントのトム・マイネリ氏は述べている。

また、「これらのベンダーはエンターテインメントに焦点を当てた消費者向けビジネスから、世界中のあらゆる企業向けにリアルなトレーニングツールの提供へと移行しつつある。IDCとしては、ビジネスユースが今後ますますマーケットにおいて重要な役割を果たすと考えている」と述べている。

また、Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker 2018Q2では、国内のAR・VRヘッドセット出荷台数についても公表している。同Trackerの2018年第2四半期データによると、エンタープライズ用途を含む国内AR・VRヘッドセット出荷台数は約5.9万台となり、前年同期比26.2%の成長となった。カテゴリー別ではARが約3,000台、VRが約5.6万台となり、Oculus GoやMirage Solo、IDEALENSシリーズなどのスタンドアロン型VRヘッドセットは1.1万台の出荷となった。

「消費者向け市場開拓において重要な役割を果たすことが期待されるスタンドアロン型VRヘッドセットだが、今四半期は1万台超の出荷となった。消費者のVRヘッドセット購入に対する意識は依然として厳しいものの、これらをB2B2C用途などで活用することで、消費者のVR体験層の拡大を期待したい。ビジネス用途では危険予知なども含めトレーニング用途での活用が多くの産業分野で広がりつつある。今後はこの動きをより多くの産業分野やユースケースに展開することで、ユーザー層の積極的拡大が期待される。」とIDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストである菅原 啓氏はコメントしている。

AR・VR関連のレポートはこちら

Previous

ウフルとあいおいニッセイ同和損保が連携、「IoT事業者向け補償プラン」発売

高速電力線通信方式「HD-PLC」、スマートメーターなど広域通信用途へ採用

Next