センスウェイとピクスー、LoRaWAN対応IoTセンサーサービスをリリース

センスウェイ株式会社とピクスー株式会社が連携して、初期費用0円のLoRaWAN対応センサーサービスの提供を開始した。

センスウェイは、長距離・低消費電力(LPWA)が特徴のLoRaWANによるIoT通信サービスを提供している。また、ピクスーはセンサーを置くだけで簡単に導入できるIoTセンサーサービスである「Webiot(ウェビオ)」を提供している。Webiotは、11種類のセンサー※を選んで、設置後にすぐにデータが取れるIoTセンサーサービスで、BLE通信方式をメインで販売していた。

センスウェイとピクスー、LoRaWAN対応IoTセンサーサービスをリリース

今回、センスウェイのLoRaWANのIoT通信サービスである「SenseWay Mission Connect」と連携することで、センスウェイのサービス提供範囲ではゲートウェイの必要なく利用できるようになった。屋内ではLoRaWANの屋内ゲートウェイを設置することで、電源配線がない場所にもIoTセンサーを設置することができるようになる。

また既にある11種類のセンサーを選んで活用し、Webhook/WebAPI で、IFTTTなどのクラウドサービスにも接続できるため、早期にIoTの活用やIoTサービスのリリースをすることが可能だという。

※11種類のセンサー:温度/湿度/気圧センサー、加速度センサー、人感センサー、ボタンセンサー、CO2センサー、超音波距離センサー、照度センサー、開閉センサー、騒音センサー、赤外線放射温度センサー、着座センサー

センスウェイとピクスー、LoRaWAN対応IoTセンサーサービスをリリース

製品ラインナップは以下の通り。

  • 温度/湿度/気圧センサー LoRaWANタイプ 750円
  • 開閉センサーLoRaWANタイプ 750円
  • 加速度センサー LoRaWANタイプ 750円
  • 騒音センサーLoRaWANタイプ 750円
  • 人感センサーLoRaWANタイプ 750円
  • 赤外線放射温度センサーLoRaWANタイプ 850円
  • ボタンセンサーLoRaWANタイプ 750円
  • 着座センサーLoRaWANタイプ(シングル) 1,000円
  • CO2センサーLoRaWANタイプ 1,250円
  • 着座センサーLoRaWANタイプ(デュアル) 1,250円
  • 超音波距離センサーLoRaWANタイプ 750円
  • LoRaWAN屋内型レンタルゲートウェイ 3,400円
  • 照度センサーLoRaWANタイプ 750円
  • 通信費(LoRaWANの通信費)一個当たり 5分間隔通信想定 200円

【関連リンク】
センスウェイ(SenseWay)
ピクスー(PIXOO)
Webiot(ウェビオ)

Previous

芝浦工業大学、脳波を用いたライブ体験システムを「生体情報で世界をつなげるライブ」の実現へ

Deaps Technologies、AI観光SNS「Deaps」のシェア機能を提供開始

Next