テキサス・インスツルメンツ、Industry 4.0向けマルチプロトコル・ギガビット・TSN対応のプロセッサ製品を発表

日本テキサス・インスツルメンツは、マルチプロトコル・ギガビット(Gb)タイム-センシティブ・ネットワーキング(TSN)に対応したプロセッサ製品ファミリを発表した。

新製品のSitara「AM6x」プロセッサ製品ファミリは、ファクトリ・オートメーション、モーター・ドライブやグリッド・インフラストラクチャなどで使用されるIndustry 4.0への急激な需要に対応するために開発されたArm Cortex-A53 コアのバリアントをクワッド構成やデュアル構成で内蔵している。

Sitara「AM6x」プロセッサ製品は、各種のTSN標準規格や、その他の産業用プロトコル向けに、専用のサブシステムでギガビットのスループット・レートをサポートし、Ethernetとリアルタイムのデータ・トラフィックを単一のネットワーク上でまとめてサポートする目的で開発された。

この機能はIndustry 4.0の各種アプリケーションのリアルタイム通信に重要であるとともに、ソフトウェアで再設定できる工場内のサイバー・フィジカル・システムを可能にするという。

「AM6x」プロセッサ製品の特長は以下の通り。

  • 産業用ネットワーキングに対して最適化
    新しいギガビット・インダストリアル・コミュニケーションズ・サブシステム (PRU-ICSS-Gb) が、TSN、 EtherCAT、 EtherNet/IP やPROFINETなど複数の産業Ethernetプロトコル群をサポートし、産業用通信の急増するニーズをサポートする柔軟性を提供
  • 機能安全を可能にする複数の機能を統合
    オンチップで隔離されたデュアル・コアのArm Cortex-R5F CPUをベースとしたマイコン・サブシステムは、オプションでロックステップ・モードの動作が可能なほか、複数の診断ライブラリやECCメモリ保護を提供し、機能安全サブシステムの構築をサポート
  • 強化されたオンチップ・セキュリティ
    システムのセキュリティを強化するセキュア・ブート、セキュア・ストレージや複数のスマート暗号エンジンを提供
  • 3Dグラフィクスとディスプレイを統合
    HMIと産業用PCの各種アプリケーションに対応可能
  • 統合ソフトウェア・プラットフォーム
    Processor SDKのサポートにより、顧客はAndroid、LinuxやTI-RTOSのソフトウェアをTIの複数のプロセッサ・ファミリ向けに、シームレスな再使用と移行が可能
  • システムの複雑さを軽減
    複数のサブシステムの統合、合理化された電源シーケンス、複数の低ドロップアウト・レギュレータの統合やピン互換性によって、複数のプラットフォーム間でハードウェアの再使用が可能であり、システムの簡素化やコストの削減が可能

TIでは、Sitaraプロセッサをベースとした複数の開発キットを提供している。

  • 「AM65x 産業用開発キット(IDK)」:単価(参考価格)819ドル
  • 「AM65x 評価モジュール(EVM)」 :同898ドル

「AM6548」プロセッサ製品の量産サンプルは注文受付中で、AM65Xの量産サンプルは、2019年後半より1,000個受注時の単価(参考価格)22.50ドルで販売予定とのことだ。

Previous

デンソー、羽田空港跡地に自動運転技術の試作開発・実証を行うテスト路備えた新拠点を開設

ZETA、店舗とECなどをつなぐオムニチャネルソリューション「ZETA CLICK」を提供開始

Next