Planetway、企業のセキュリティ支援事業「PlanetGuardians」を本格化

企業:

Planetway Corporationは、企業のセキュリティ推進に必要な組織体制構築および高度セキュリティ人材育成支援を行う「PlanetGuardians(プラネット・ガーディアンズ)」を本格的に開始する。同事業を通じて、企業における強固なセキュリティ体制の構築のみならず、日本におけるセキュリティに関するリテラシーの総合的な向上を目指すという。

同事業の推進は、以下3名が担当。

  • 鎌田敬介氏
    日系企業におけるセキュリティに精通し、特にセキュリティの厳しい金融業界でグローバルな実績を持つ
  • ヤーン・プリッサル氏
    Planetwayの取締役でありNATOサイバー防衛センターで技術演習企画や世界最先端のサイバーレンジ「Locked Shields(ロックド・シールズ)」の開発・導入を先導した実績を持つ
  • 竹田春樹氏
    一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターで標的型攻撃などのインシデント対応の経験を持ち、現在Planetway Japan株式会社(以下、日本支社)に在籍

同事業の統括・指揮を担う鎌田敬介氏は、日本支社の執行役員CGOに就任。尚、鎌田氏はCGOとしての業務の傍ら、金融業界等での他のセキュリティ支援を継続するという。

【関連リンク】
Planetway

Previous

音声認識活用「AmiVoice スーパーインスペクションプラットフォーム」の新サービス「配筋検査Ⅱ」発売

オン・セミコンダクター、RSL10ファミリにBluetooth SIGメッシュネットワーク規格のサポートを追加

Next