凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」、天気に合わせた広告を自動配信

凸版印刷株式会社が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、Shufoo!アプリ内での気象連動広告「Shufoo! 気象ターゲティング広告」の配信を2018年11月7日から開始する。

現在、デジタル広告では、消費者の状況に応じてより適切な広告を配信するターゲティング広告が求められている。近年の温暖化や局所的なゲリラ豪雨の増加などをはじめとした気候の変動をうけ、地域ごとの天候や気温等の気象条件に応じた広告配信に対するニーズが高いという。

同サービスは、グループ会社で地図検索サービス「Mapion」を運営する株式会社マピオンによる、気象や交通状況等のエリアごとに常に変化する情報や、人口統計などのジオグラフィックデータ等の各種地域環境データを提供する「環境データマート」(※1)の情報と連携。

常に変動する気象に応じて自動配信するため、運用負荷を軽くし、最適なタイミングで配信可能。また、ターゲティング可能な最小単位は1kmメッシュで、必要に応じて自由に配信エリアの設定ができるという。

サービスの流れは以下の通り。

  1. Mapion環境データマートから気象データを取得。
  2. Shufoo! DMP(※2)に蓄積したユーザー一人ひとりの買い物行動エリアなどで配信対象をセグメント化。
  3. 設定された気象条件に応じて、Shufoo!アプリ内で自動で広告を配信。

凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」、天気に合わせた広告を自動配信

サービス価格は、1インプレッションあたり4円。最低出稿金額は50万円からだ。

※1 環境データマート:気象や交通状況等のエリアごとに常に変化する情報や、人口統計などのジオグラフィックデータ等の各種環境データをマピオンが集約し、各企業やDMP事業者、広告事業者に向けて最適なフォーマットとして提供するもの。提供したデータを活用することで、環境変化に応じた広告配信や、企業のプライベートDMPとの連携による環境ごとのユーザーの行動把握なども可能。
※2 Shufoo! DMP:「どのエリアのどんなチラシを閲覧したか」、ユーザー毎のShufoo!利用ログを蓄積・分析した「日常買い物行動圏」や、「閲覧店舗カテゴリ」などのデータを保持している。保持しているデータを活用して、買い物意欲の高い主婦を効率的にターゲティングするセグメント化を実現。

【関連リンク】
電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」
マピオン(Mapion)

Previous

シャープのロボホン、東広島市で観光案内サービスを開始

フィットビット、防水大型タッチスクリーンと健康フィットネス機能搭載「Fitbit Charge 3」発売

Next