順天堂大学とNTT Com、農作業によるストレス軽減に関する実証実験を開始

順天堂大学とNTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、農作業を行うことでストレス軽減を実現する「アグリヒーリング」の効果を医科学的に確立した手法をより広く普及させるため、ウェアラブル生体センサhitoeをはじめとするICTを活用したストレス測定システムの開発を行う実証実験を2018年11月16日より開始する。

背景

近年、日本の精神疾患患者数は、従来の4大疾病(悪性新生物、糖尿病、脳血管疾患、虚血性心疾患)の患者数を上回り、平成26年度には約400万人に達している。また、精神疾患患者の年間医療費は医療費全体の約6.5%に相当する約1兆9,000億円に上り、社会的・経済的な損失および医療費負担は非常に深刻化している。

ストレスは、職場や家庭などの環境を問わず発生し、人々はストレスを無意識のうちに蓄積している傾向にある。このようなストレス社会においては、ストレスを自分自身でコントロールする手法や軽減する環境の創出が重要。

順天堂大学は、一次予防手法として着目する「アグリヒーリング」などの園芸療法(※1)において、心理負担の緩和によるストレス軽減効果の定量・数値化(以下 可視化)に近年取り組み、具体的な成果を確認している。

ストレス軽減効果は、「アグリヒーリング」参加者の唾液から採取するストレスホルモンを計測して判定しているが、唾液採取キットが高価で、かつ取り扱いに制約があり、参加者が抵抗感を抱くこともある。このため、「アグリヒーリング」のストレス軽減効果を医科学的に証明しても、会社や学校などで取り組まれているストレス対策プログラムとして活用されにくいという課題があった。

今回、順天堂大学は、ストレス軽減効果の可視化を唾液採取ではなく、より簡易かつ高精度に実現するため、「DX Enabler」としてICTを活用した社会問題の解決や企業のビジネス変革を行うデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しているNTT Comと共同で実証実験を実施する。

実証実験の概要

両者は、NTT Comのhitoeと「データ流通プラットフォーム」を活用して、「アグリヒーリング」によるストレス軽減効果を医科学的に可視化する測定システムの開発に取り組む。

(1)順天堂大学がストレス軽減効果を判定する手法とアルゴリズムを確立

順天堂大学が、従来行ってきた「アグリヒーリング」参加者の唾液採取によるストレスホルモンの計測に加えて、hitoeで自律神経をリアルタイムに計測する手法を検証し、得られた自律神経などのデータを分析するストレス軽減効果の高精度かつ簡易な計測手法とそのアルゴリズムを確立する。

(2)NTT Comがソフトウェアとストレス可視化アプリケーションを開発し、「データ流通プラットフォーム」でストレス測定を実施

NTT Comが、アルゴリズムを反映するソフトウェアを開発し、「データ流通プラットフォーム」に組み込むことで、hitoeから得られた自律神経などのデータからストレスの可視化を行る。また、ストレス可視化アプリケーションを開発することで、スマートフォンやタブレットでリアルタイムにストレス軽減効果を確認する。

この実証実験により、今後は唾液採取ではなく、hitoeから得られるデータを「データ流通プラットフォーム」上のアルゴリズムで分析することで、ストレス軽減効果の医科学的な根拠データとしての有効性を見出し、この測定システムを用いた「アグリヒーリング」を精神疾患予防と将来的な治療へ活用することを目指す。

実施期間
2018年11月16日から2019年3月31日(予定)

※1 園芸療法(horticultural therapy)は、花の鑑賞や農作業の実施により精神疾患の改善や高齢者の認知レベルの改善を行う治療方法。数値的なエビデンスの提示ができず、効果を確認しにくいと言われている。

【関連リンク】
順天堂
NTTコミュニケーションズ(NTT Communications)

Previous

バスク、高圧対応でキャンピングカーや商用車にも適用可能なタイヤ空気圧モニターを新発売

ソフトバンクとリコー、 5G活用で高精細かつハイフレームレート360度映像の伝送実験

Next